FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『フリーダ』を観ました*ネタバレしています
2009-07-31 00:00

 映画『フリーダ』を、TSUTAYA DISCASでレンタルして、先日、観ました。 実話です。

1925年のメキシコシティ。18歳のフリーダ・カーロは、トロリーバスに乗っていて事故に遭う。
金属の手すり棒が右腰から子宮を貫通、
また、肩の脱臼、肋骨・鎖骨・背骨・骨盤の骨折、右足の粉砕骨折といった大けがを負う。
病床で絵を描き始め、画家として生計を立てられる可能性があるかどうか、
画家ディエゴ・リベラにプレゼンし、才能を認められる。政治的な傾向も一致した二人は結婚。
しかしディエゴは数多くの浮気の末、フリーダの妹とも関係を持ってしまう。
夫の不倫、体の不調や流産といった、自らの苦しい体験を、
フリーダは次々と絵画にしてゆくのだった。


「俺は自分の外のことしか描けないが、君は自分の中のことを描けるからすごい」
といった趣旨の、ディエゴのセリフがありました。

歌手マドンナもフリーダ・カーロを好きで、絵画作品を買い集めていると知って、
公開された2003年に観たかった、しかし観なかった映画でした。

フリーダ・カーロの眉毛は、「こち亀」の両さんのようにつながっています。
映画の中で、そのことに触れた場面は1か所だけ、しかも理由が語られていません。
ちなみに、この映画に登場する他の女性の眉毛はつながっていません。

サルマ・ハエックという35歳(当時)の女優さんが、18歳から47歳までのフリーダを演じています。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/963-eb8cc2be
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する