FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『2046』を観ました♪
2009-07-21 00:00

 『武士の一分』は、『たそがれ清兵衛』を観たから観たくなった映画でしたが、
『2046』は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を観たから観たくなった映画です。
でも木村拓哉さんつながりになってしまったので、
キムタク様映画祭第3弾、ということでヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ

1960年代。「チャウ(トニー・レオン)」はシンガポールから香港に戻り、あるホテルに滞在する。
思い出の2046号室を希望していたが改装中のため、2047号室となってしまう。
「チャウ」は元新聞記者で小説家。恋愛では場数を踏んでおり、女性に不自由しない。
ホテル支配人の娘「ジンウェン(フェイ・ウォン)」は、
ホテル滞在中の「日本人ビジネスマン(木村拓哉)」と恋に落ちるが、父親に反対される。
「チャウ」は「ジンウェン」とその恋人をモデルとしたSF小説を書き始める。
「小説の主人公(木村拓哉)」に、次第に自分を重ねる「チャウ」…


「現実世界」と「SF小説世界」が同時進行のような感じです。
木村さんは、「現実世界」では黒髪でスーツですが、
「SF小説世界」では、ボサボサの茶髪で服装もカジュアルです。
また「現実世界」では生身の人間である「ジンウェン」が、
「SF小説世界」ではアンドロイドになっています。

この「アンドロイド/ジンウェン」を演じているのがフェイ・ウォン。あのフェイ・ウォン。
「チャウ」と大人の関係を結ぶ「バイ・リン」を演じているのがチャン・ツィイー。
どちらも、後で知って驚きました。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/953-4f4f0456
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する