FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を観ました♪
2009-07-19 00:00

 『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を、先日、映画館で、観ました。

世界一の製薬会社を経営する男が、行方不明の息子の捜索をLAの探偵に依頼した。
息子の名は「シタオ(木村拓哉)」。フィリピンでの目撃情報がある。
探偵の名は「クライン(ジョシュ・ハートネット)」。
「クライン」は元刑事だが、ある事件で心に傷を負い、退職していた。
フィリピンでは「シタオ」は見つからない。
香港での新たな目撃情報があり、「クライン」は香港へ向かう。
マフィアのボス「ドンポ(イ・ビョンホン)」の元からさらわれた愛人「リリ(トラン・ヌー・イェン・ケー)」
と「シタオ」は出会ってしまう。


「シタオ」には、他人の苦痛を自分に移す能力があります。
イエス・キリストが持っていたとされる、他人の苦痛を癒す能力と似ています。

遠藤周作さんが『死海のほとり』で描かれていたイエス像では、
リアルなイエス・キリストには特に不思議な能力はなく、
病で家族に見捨てられた人に薬を煎じて与えたり、ただそばに居て励ますといった、
物理的には誰でもできることしかしなかったとのことです。

イエス・キリストは「シタオ」の能力をほしかったかもしれない、と思いました。
新約聖書を読み返してみたくなりました。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/951-48bdb42b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する