FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『シンドラーのリスト』を観ました*ネタバレしてます。
2009-05-06 00:00

 映画『シンドラーのリスト』を、TSUTAYA DISCASでレンタルして、先日、観ました。

オスカー・シンドラーは実業家。ナチ党員でもある。
ほうろう鍋の工場をおこし、儲けるために、賃金の安いユダヤ人をおおぜい雇う。
第二次大戦の戦況の変化とともに、ユダヤ人は強制収容されていくが、
シンドラーはわいろなどを使って自分の工場の「熟練工」を取り返し、結果的に虐殺から救う。


ウィキペディアによると、この映画は「事実に基づいたフィクション」らしいです。

自分の工場で働くユダヤ人たちが強制収容された時、
「新しい工員を雇うと教育のための費用がかかるから」という理由で取り戻そうとします。
そうした行為が、最初は純粋に「金儲け」のためなのですが、
ユダヤ人が受ける理不尽なしうちをいくつも見るうちに、
しだいに「金儲け」に「人助け」が加わってきます。

商売に抜け目がなく、人づきあいがうまく、酒好きでパーティー好きの、恋多き男「シンドラー」。
彼は自分の「できなかったこと」を嘆いたりしないタイプなんだろうと思って観ていたら、
最後のほうで、「1100人しか救わなかった。もっとできたのに」と嘆いていました。
「そういう面もあったんだな」と思いました。

この映画での「シンドラー役」リーアム・ニーソンのルックスは、非常に私好みです^^
でもこの映画、1993年の作品でした。現在では変化していることでしょう。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/877-403aa333
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する