FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『太陽』を観ました*若干ネタバレ
2009-03-15 00:00

 映画『太陽』のDVDを、TSUTAYA DISCASでレンタルして、観ました。

第二次世界大戦終了の直前・直後の昭和天皇の様子を描いたロシア映画です。

40代なかばの昭和天皇をイッセー尾形さんが、皇后を桃井かおりさんが、
侍従長を佐野史郎さんが演じています。
侍従長は天皇を「オカミ」と呼びます。侍従長カッコいいです。

イッセー尾形さんの演技を観て、昭和天皇のしゃべりかたはこのような感じだった、
と思い出しました。
マッカーサーと二人だけという場面がけっこうあって、会話は英語でした。
天皇は自分のことを三人称で、「He」と言っていました。

昭和天皇は私の尊敬する人物の一人です。
なぜならマッカーサーに「自分はどうなってもいいから国民を助けてください」と言ったとされているからです。映画『太陽』にはそのようなセリフはありませんでしたが。

また、玉音放送の場面もなく、いつ戦中から戦後に切り替わったのか、よくわかりませんでした。

私はこの映画を、2009年02月01日のブログに書いた『ヒトラー ~最期の12日間~』と比較しながら観ましたが、ウィキペディアによると、『太陽』の監督本人がヒトラーを描いた作品も存在するらしいので、そちらも観たいです。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/825-be04cebc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する