FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

「鼻から入れる胃カメラ」を初体験しました♪ (2)
2008-09-30 00:00

 きのうの続きといえば続きです。

迷ったのですが、今回の胃カメラは、今まで何度も経験している口から入れる内視鏡ではなく、
初めての、鼻から入れる内視鏡ということで、
体験してみたい、という気持ちに逆らわないことにしました。事故なく終了したことに感謝します。

いつもの、口から入れる胃カメラでは、検査前に看護師さんが、
私の口をあ~んさせて、スプレータイプの麻酔をシュッ。
そして水あめタイプ(甘くはない)の麻酔を口の奥にしばらく置いたあと飲まされます。
今回は右の鼻の穴から内視鏡を入れるということで、右の鼻の穴にスプレーをシュッ、
そして練りわさびがひとまわり小さくなったようなチューブの先端を右の鼻の穴に入れられ、
水あめタイプのものをニュルっと。
「鼻水のように吸ってください」と言われました。吸っても別に平気でした。

そして胃の動きを止めるのと、緊張を取るのが目的の注射をされて、内視鏡本番ですが。

緊張を取る麻酔のおかげで検査の苦痛がなくて良いのですが、
検査中のことを、やっぱりあんまり、覚えてません。
贅沢な話ですよね。

検査終了後は、プールで鼻から水が入ってしまった時のような感じに、
ちょっと鼻の奥が痛かったですが、たいしたことはありません。検査結果はまた後日。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/659-035ad246
トラックバック
コメント
 以前かかっていたH市のN内科では、痛くない鼻からの胃カメラを売りにしていたけど、待合室にいた時、悲痛な声が聞こえてきて、やっぱり苦しいらしいというイメージでした。痛くなくて良かったですね。私は体験したことがないのですがイメージ変わりました。
Posted by Fchan at 2008-10-03 15:52 | 編集
Fchanさん
-----
コメントありがとうございます。
緊張を取る麻酔をしない医療機関もあるようです。
その場合、技術の未熟な医師にあたると痛いのでしょうが、
いっぽう、モニター画面を見たり、医師の説明を聞いたりという、意識がハッキリしていないければできないことが、できますよね。

Posted by 修羅笛の鍵 at 2008-10-03 22:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する