FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

北朝鮮の中にも、生活苦のない地域は存在するようです。
2008-04-26 00:00

私は今まで、北朝鮮の一般の人々はみな生活苦を抱えていると思っていました。

金賢姫『いま、女として』やチャールズ・ジェンキンス『告白』など、
私がかつて読んだ本からの知識で、
北朝鮮の一般の人々はみな、食糧を手に入れるのに苦労しており、
暖房設備の整っていない家に住み、毎日何時間も停電があるのだと思っていました。

最近、『北朝鮮 マスゲームにかける青春』という、ケーブルテレビの番組を、録画して観ました。
その番組の中では、平壌の2人の少女が取材されていました。
暮らしぶりも出てきました。

首都平壌に済む200万人だけは、住環境が良いと、その番組では言っていました。
彼らは高層住宅に住んでいます。
台所はシステムキッチンに近い感じです。床暖房完備のようです。
ただ、家族の人数が6~7人でも、部屋の数は3つとか、そのような感じです。

平壌とそれ以外の地域では、格差があるのだろうな、と思いますが。

取材された2人の少女はマスゲームの練習に励んでいます。
その練習のもようも映像に出てきましたが、
私が以前読んだ本の中でのようなスパルタ式ではなく、
熱心な指導者のいる、活気ある運動部という感じで、意外でした。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/502-eebac5e5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する