FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

天皇皇后両陛下を尊敬する理由。
2019-11-19 23:50






私は昭和40年(1965年)生まれです。

したがって、
物心ついた時、天皇といえば昭和天皇でした。




あるとき、ある漫画で読みました。

第二次世界大戦に負けた時
昭和天皇が
「私はどうなってもいいから国民を助けてください」
とマッカーサー元帥(当時の合衆国の駐日代表者)に言ったと。

それで私は
昭和天皇を尊敬するようになりました。




しかし、
平成時代の天皇陛下と
令和時代の天皇陛下のことも
尊敬しています。




なぜなら、
職業選択の自由がないのに
天皇家の長男であることを受け入れて
天皇になったからです。

現在の天皇は象徴なので
政治にかかわることができません。

選挙の投票もできません。




皇族の全員に求められる生き方は
成人するまでに高い教養を身に付け
公務をこなすことです。

場合によっては研究職につくことが許されます。

結婚相手も誰でもよいというわけにはいきません。




日本人の中で
皇族だけが基本的人権を持たず
それでも境遇を受け入れている。

いちばん目立つ立場の天皇皇后は
国民の幸せを願い
または国民の悲しみに寄り添うことに
尽力しているように見えます。




では天皇家が政治にまったく無関係かというと
実際にはそうでもないようです。

外国を訪問して
天皇皇后または皇太子皇太子妃が日本について良い印象を与えると
その後の政府による外交がスムーズにいくことがあると
ラジオで聴いたことがあります。

そんな場合でも
手柄は天皇家のものにはなりません。




繰り返しますが
日本において皇族だけが
基本的人権を持たないのに
国民の幸せを願い、国民の悲しみによりそっている。

これはたいへん特別なことだと思うのです。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/4737-0d4d34fc
トラックバック
コメント
>あるとき、ある漫画で読みました。
第二次世界大戦に負けた時
昭和天皇が
「私はどうなってもいいから国民を助けてください」
とマッカーサー元帥(当時の合衆国の駐日代表者)に言ったと。


この漫画の作者は誰だろう?
安倍政権を熱烈に支持するような人が書いてそう。
沖縄を切り捨てることに加担したのが昭和天皇だったはず。
~ 孫崎享 「戦後史の正体」・・・だったかな。
Posted by yasu at 2019-11-24 22:23 | 編集
> yasu 様
コメントありがとうございます<(_ _)>

私が見た漫画は、新聞の4コマ漫画です。
作者が誰だったかは思い出せません。

100%真実だと思って受け取りました。
誰かが何かを意図をもって真実を曲げて伝えるとは思いつかなかったです。
Posted by 修羅笛の鍵 at 2019-11-26 23:35 | 編集
>私が見た漫画は、新聞の4コマ漫画です。

読売か産経かな。


「戦後史の正体」は購入して1度読んだきりの本だったので、せっかくなので少し読み返してみました。

P79からP80に書かれているのだけれど、その文章を投稿しようとすると「不正」と言われる。
よっぽど都合の悪い真実らしい・・・。

Posted by yasu at 2019-11-27 15:39 | 編集
ページを間違えた。
87~88ページ。


Posted by yasu at 2019-11-27 15:44 | 編集
> yasu 様
コメントありがとうございます<(_ _)>

その本を図書館に予約しました。

Posted by 修羅笛の鍵 at 2019-11-27 23:33 | 編集
> yasu 様

『戦後史の正体』を借りましたが、字が小さくてびっくりしました。
87~88頁だけ読みました。
昭和天皇が沖縄をどう扱ったか、私の知らなかったことが書かれていました。

ちなみに私が読んだ漫画が載っていた新聞は、たぶん朝日です。
Posted by 修羅笛の鍵 at 2019-12-06 23:13 | 編集
88ページの「無視して無かったことにしている話」は、123便にもつながる。
また、あの夜の自衛隊の行動は、「桜」の話しで平然と嘘をつく人たちともつながる話。
組織防衛最優先。

突然死したり、気を失って事故を起こしても、核心には触れないのも同様。

肥田先生の言う「瞬時に見極める力」を皆が持っていれば、良いんだけどね。

Posted by yasu at 2019-12-08 18:01 | 編集
> yasu様
コメントありがとうございます<(_ _)>

ツイッターで、癌で闘病していた20代男性をフォローしていたのですが
先月亡くなっていました。

音楽業界にいた30代男性が急性心不全で亡くなったというヤフーニュースを今日、見ました。

苦にせず気にしていきたいです。
Posted by 修羅笛の鍵 at 2019-12-10 23:03 | 編集
>苦にせず気にしていきたいです。

ポジティブが良いことでネガティブはダメ・・・と多くの人は洗脳されているけれど、私は、

ポジティブ=何も考えないバ●
ネガティブ=物事をよく考える人を貶める言葉

と考えています。
だから徹底的にネガティブに生きてやると思います。

だけど、若い人の訃報などを聞くと、
「騙されて生きた結果だな」
と思うので、騙されない生き方を心がけている自分は
「大丈夫!」と思えて、とてもポジティブになれます。あれ?


縁もゆかりもない人の訃報で心を痛めてもしょうがないのですが、木内みどりさんはちょっとショック。
彼女は、小出裕章さんの講演会の映像をみまくって
「代わりに講演できる」と言う趣旨のことを言ってた。

私と同じ。

最近はれいわ新選組のイベントで司会などをやり山本太郎を積極的に応援していた。

私と同じ。


肥田舜太郎さんのことはどうだったかな・・・記憶にない。
近い価値観の人の訃報は悲しく思えます。


Posted by yasu at 2019-12-11 08:59 | 編集
> yasu様
コメントありがとうございます<(_ _)>

あれ?(・∀・)

私は最近で言うと中曽根さん以外のすべての訃報に、多少はメンタルやられてます。

翻弄されないでいたいです。
Posted by 修羅笛の鍵 at 2019-12-12 23:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する