FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

ドラマ『シリーズ江戸川乱歩短編集Ⅱ 妖しい愛の物語』第1回「何者」を観ました※ネタバレ
2019-07-29 23:50






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

何者 (創元推理文庫) [ 江戸川乱歩 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2019/7/30時点)



第1回の原作の小説。









NHK総合の
ドラマ『シリーズ江戸川乱歩短編集Ⅱ 妖しい愛の物語』第1回「何者」を観ました。

再放送で/(^o^)\

私のレコーダーのドラ丸機能で
全3回のはずの『聖☆おにいさん』が最終回扱いにならず、
4週目に『シリーズ江戸川乱歩短編集Ⅱ 妖しい愛の物語』第1回「何者」が途中まで録れていたのです。

途中だったので/(^o^)\
再放送を探して、
ドラ丸予約しました。

で、7/26(金)深夜0:40からの再放送の第1回を観ました。




満島ひかりさんが、
探偵・明智小五郎を演じています。




第1回「何者」では
猟奇的な事件を明智小五郎が謎解きします。

いや、第1回に限らず
毎回、猟奇的な事件を明智小五郎が謎解きするのかもしれないですが。




お話は興味深かったです。




それ以上に
登場人物の言葉遣いや物の名称が
当時を思わせて楽しいです。

当時、というのはたぶん
『何者』が書かれた1929年、
つまり昭和4年の日本です。

帳面の結び目、
予審判事、
靴足袋、
頭字(かしらじ)、
なりますまい、
ありましょう、
といった言葉遣い +゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.









また、足を拳銃で撃たれた青年が

「一生直らないのだよ(画面の文字のママ)」
と言ったのを見た時
2007年の川崎駅エスカレーター事故の時と同様に
これで徴兵されない、
と思いました。









あと、
怪我をした青年の婚約者「志摩子さん」のまゆ毛が太すぎると思いました。

まあそれを言うなら
明智小五郎役が女性なのがもっと大きな特徴ですが。









次回も観ます。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛のむきだし (小学館文庫) [ 園子温 ]
価格:616円(税込、送料無料) (2019/7/30時点)



画像はイメージです。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/4623-927c2e91
トラックバック
コメント
再放送でも2週目からは別のドラマが録画されてしまうので、
ドラ丸リストから削除しました。
Posted by 修羅笛の鍵 at 2019-08-10 22:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する