FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『ユメ十夜』を観ました。
2008-03-06 00:00

 
夏目漱石の小説『夢十夜』をもとにした映画『ユメ十夜』。
2007年に劇場で見逃したこの作品を、先日、テレビで録画して、観ました♪

10個の短編映画はそれぞれ特徴的なのですが、
私にとっては、第六夜と第十夜が特におもしろかったです。

第六夜は彫刻のお話です。
運慶がすばらしい仁王像を彫ることができるのは、
木の中にもともと埋まっている仁王を掘り出しているにすぎない、つまり、
心の中に、価値ある、訴えたい内容を持っていなければ、芸術作品を作ることはできない、
というようなことが、小説の主旨だったと思います。違っていたらすみません。
阿部サダヲさんが「自分」の役で、運慶に倣って木を掘りますが、結果は非常にポップです。
運慶が彫っている動作はブレイクダンスだし、
全員のセリフが2ちゃんねる言葉で、なぜか英語の字幕つきです。
松尾スズキ監督、ステキです(´∀`)

第十夜は豚のお話です。
私は、小説の内容はまったく覚えていないのですが、映画はすごくおもしろかったです。
松山ケンイチさんが、二枚目だけど性格の悪い役です。
松山さんは、二枚目の役だと二枚目に見えて、そうでない役もできて、
二枚目兼三枚目もできるからすごいと思いました。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/450-497ebc9d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する