FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観ました※ネタバレかも
2019-01-13 23:59








本物のほうのビジュアル。










全世界234名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

キムタク様のドラマの主題歌でクイーンの作品が使われた時はヒトカラ修行しちゃった修羅笛の鍵です。









映画『ボヘミアン・ラプソディ』を
ユナイテッド・シネマ札幌で、今日、観ました。




ロックバンド「クイーン」の誕生から
1985年の伝説的なライブ「ライブエイド」までの
フレディ・マーキュリーさんの半生を描いた伝記映画です。




私はフレディ・マーキュリーさんのことを
イギリス生まれのヨーロッパ人だと思っていたのですが
そうではありませんでした。




フレディ役のラミ・マレックさんは
そっくりさんではないのですが
前歯の義歯を入れて、目を小さく見せるメイクで
本人に寄せていました。
エラとか顎とかは似てなかったですが。




フレディ・マーキュリーさんと言えば
圧倒的な歌唱力の人ですが
この映画の中では
クイーン公認の歌唱力そっくりさんと
フレディさん本人と
ラミ・マレックさんの3人の声のミックスだったそうです。

映画の中でも圧倒的な歌唱力でした。




先日まで私はクイーンのメンバーの中で
顔を知っているのはフレディ・マーキュリーさんのみでした。

でも辺野古の土砂投入を止めるよう合衆国大統領に申し入れるキャンペーンに
途中から参入したブライアン・メイさんの顔写真をツイッターで見ていたので
映画の中のブライアン・メイ役の人が激似であることにビックリしました。

あとの2人は似てるのか似てないのか
映画を観ている最中にはわからなかったのですが
映画を観終わってからカフェでスマホで検索したら
けっこう似ていました。









若い時のクイーンがレコーディングをするシーンを見たら
音楽制作に対する創意工夫に満ちていてすばらしいと思いました。

私はただのカラオケ好きのアマチュアですが
クイーンのベスト盤を買って
複数の作品をヒトカラ修行したいと思いました。









フレディ・マーキュリーさんは1991年にエイズで亡くなりました。

エイズという病気が発見されたのは1980年ごろのことで
当時は治療法がまだありませんでした。

この映画が公開された2018年時点では
HIVに感染した段階(エイズ発症前)に発見できて投薬を開始すれば
余命は非感染者とほぼ同じと言われています。

フレディ・マーキュリーさんがり患した当時は
発症してから発覚する事が多かったと思います。

HIVの治療はとても進歩しました。

今だったらなあ。。。と思います。

惜しい人を亡くしました。




当時は治癒率の低い病だったエイズを発症したと自覚しているフレディの
ライブエイドで歌う作品の歌詞を字幕で読むと
こうなることを知っていたのか、
と思うような驚きがあります。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/4426-10a48380
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する