FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

八神純子ディナーショー (2)
2007-01-25 00:00


私は八神純子さんが好きです。

八神純子さんはイギリス人男性と結婚してアメリカ合衆国にお住まいなのですが、
(「ここなら二人とも外国人だね」、だそうです)
夏休みと冬休みの時期に来日して、東京や名古屋でコンサートやディナーショーを行うのが習慣でした。
(9.11のテロ後は、この習慣はなくなりました)

私はいつも1人でコンサートに行っていました。

去年亡くなった父が、1回だけ、八神純子さんのディナーショーのチケットを2枚買ってくれて、2人で聴きに行ったことがあります。

私は八神さんの、ライブでもCDと変わらない正確な音程と、ドラゴンのような声量が誇らしかったので、ディナーショー終了後、父に、
「どうだった?」
と訊きました。

父は、何を考えているのか分からない平常心の顔で、
「どうってことないね」
と答えました。

期待はずれの答でしたが、父は率直な感想を述べたに過ぎなかったのでしょう。

父はニューオリンズのディープな場所まで一人でジャズを聴きに行くような人だったので、私とはまた違う音楽の好み、リスナーとしての歴史があり、
そのことに敬意を払うしかありませんでした(-∇-)



スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/44-f3a88596
トラックバック
コメント
はじめまして。

お父上を八神純子のライブに連れて行かれたのですね。
素晴らしいボーカルを誇るために。
でも、期待はずれの言葉だった・・
この先、若い人があなたを自分の誇る歌手を見せたいために連れていくこともあるでしょう。
その時、「どうってことないね」って言葉が返ってくる気がします。
この「どうってことないね」って言葉を使える事ができる人は限られていますが・・
お父上は、実の娘だったから思ったことを吐露したのでしょう。


Posted by yagamania at 2007-01-27 09:30 | 編集
>yagamaniaさん

はじめまして。ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

もし私が誰かのおすすめのコンサートやお芝居の感想を訊かれた時は、かなり時間をかけて考えてから発言するようにしています。

ところで、ハンドルネームを拝見して、アルバム『ヤガマニア』のジャケットを見直してみました。
「ルーザー」
「ダイナマイトラブ」
「FUN CITY」
「消えたサイゴンの娘」
「哀愁パラダイス」
「カメレオン」
「金色のサプライズ」
をカラオケで歌いたいです。
でも、今までカラオケで、これらの曲に出逢ったことがありません(・_・、)
Posted by 修羅笛の鍵 at 2007-01-27 20:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する