FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

スペシャルドラマ『太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~』を観ました。
2018-09-02 23:50








これが、ドラマの原案らしいです。










障害者スポーツには2つの側面があります。

リハビリ(心と体の両面)と
競技性です。

どちらも、
1960年ごろまでは
日本にはなかったらしいです。




スペシャルドラマ『太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~』は
脊椎損傷の患者にリハビリとしてスポーツをやってもらうことに
日本で初めて成功した医師の物語でした。

その人がいたから
日本に障害者スポーツが根付いたのです。




他の医師から
障害者にスポーツをさせて怪我したら誰が責任を取るのだと言われたり
障害者の母親から
競技会で見世物にしないでと言われたり
かなりの困難があったようです。




先駆者って大変だなあと思いました。

でも
その時の常識と違うことを正しいと思ってやりぬくって素晴らしい。

従順な社畜である(とまでも行かないですが)私はそう思いました。









あと、主人公の医師役である向井理さんと
その妻役の上戸彩さんが
子どもをあやすシーンが自然だと思いました。









上戸彩さんの役の現在の役を
岸惠子さんがなさってました。ステキ。











スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/4293-6ce796d7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する