FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『ナツひとり -届かなかった手紙-』を観ました(録画で)
2008-01-31 00:00

全世界61人の読者の皆様、更新が遅くなって申し訳ありません<(_ _)>

2005年にNHKで放送された、『ハルとナツ 届かなかった手紙』というドラマがありました。

昭和初期(約70年前)に、北海道の貧しい一家が、ブラジルに移民して一旗上げようとします。
渡航前の健康診断で、末娘のナツはトラホーム(目の病気)と診断され、
一人だけブラジルに行けず、親戚の家で世話になりながら、家族の帰りを待ちます。
ハルとナツはお互いに手紙を出しますが、事情があって相手に届きません。

ブラジルに移民した姉娘がハル、北海道で一人待つ妹娘がナツです。

ドラマでは、
ハル:斉藤奈々さん→米倉涼子さん→森光子さん、
ナツ:志田未来さん→仲間由紀恵さん→野際陽子さん、
というキャスティングでした(Wikipediaより)。

ナツの立場から描かれた舞台『ナツひとり』が、2007年に上演され、テレビでも放映されました。

仲間由紀恵さんが、70代までのナツを演じていらっしゃいました。
舞台って、そういった点が自由で面白いです^^
仲間さんはちゃんと70代に見えました。

それと、「ゆるくなかったね」というセリフが印象に残りました。
「厳しかったね、大変だったね」という意味の、北海道の方言のようです。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/415-aa5f1798
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する