FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『この世界の片隅に』を観ました。
2018-01-24 23:50






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世界の片隅に【Blu-ray】 [ のん ]
価格:4429円(税込、送料無料) (2018/1/29時点)












映画『この世界の片隅に』を
Amazonプライムビデオで観ました。




昭和8年から昭和21年くらいまでの
広島県のおはなし。

主人公は広島市で生まれ育ち、
第二次大戦のさなかに
呉市にお嫁に行きます。




主人公は絵が得意です。




主人公は働き者です。




主人公はぼーっとしていておっちょこちょいです。




主人公の声は、(能年玲奈あらため)のんさんが演じています。

すばらしいです。




原子爆弾が落ちた時の広島市の様子は
今までに別の作品で見たことがありましたが
近隣の他の町はどうだったのか
考えてみれば初めて見たような気がします。


呉市はこういう感じだったのだ。




ハードなエピソードも多いですが
淡々と描かれ
また
随所に笑える場面があってよいです。









しかしこの当時の結婚は
ほぼ「就職」ですね。

しかも自分で就活するわけでもなく。

見染められてある日突然
顔も知らない相手に嫁ぐ。

友達もいない土地に。

でも
結婚式が終わって家族が広島に帰っていくとき
主人公は平然と見送り
ひとり呉の婚家に残ります。

なんかステキというか、たくましいです。








あと、
なつかしの森永ミルクチョコレートや
なつかしの森永ミルクキャラメル(それも大小)や
なつかしの森永ミゼット、
あと森永の看板もたくさん出てきます。

グッときます。




原爆ドームになる前の原爆ドームも出てきます。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/4071-09042f11
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する