FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『北の蛍』を観ました。
2018-01-05 22:19






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北の螢 [ 仲代達矢 ]
価格:2704円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)












全世界188名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

48歳で東京から札幌へ移住した、今52歳の修羅笛の鍵です。




映画『北の蛍』を
Amazonプライムビデオで観ました。




1984年公開の日本映画です。

明治初期の北海道が舞台です。




北海道開拓のために
政治犯などを北海道の刑務所に収監して
労働力として使ってます。

これ実話らしいです。

舞台となった樺戸集治監という刑務所は
ものすごく大ざっぱに言うと
現在、
月形樺戸博物館という施設になっています。
JRだと「石狩月形」駅下車です。




この刑務所の所長の役を仲代達矢さん(当時52歳)が演じています。

収監されている「男鹿孝之進」役を露口茂さん(当時52歳)が、
「男鹿」を追って京都から北海道へやってくる芸妓役を岩下志麻さん(当時43歳)が、
刑務所長の愛人である、料理店の女将を夏木マリさん(当時32歳)が、
収監されている「弥吉」役を佐藤浩市さん(当時24歳)が、
「弥吉」を追いかけて来た女「せつ」を早乙女愛さん(当時26歳)が演じています。


仲代達矢さんはいつもながら説得力があります。

夏木マリさんには貫禄があります。
夏木マリさんの役の末路は衝撃ですΣ(・ω・ノ)ノ!



ヒグマも出ます🐻




ハード目なエロスも登場します。




私が今、JRで(行こうと思えば)気軽に行ける場所が
明治初期にはこんな感じだったのだ、と驚きます。

仲代達矢さん(が演じた役の人)と囚人たちのおかげで
うちのすぐ近所の国道12号線ができたのだと思うと感慨深いです。




月形樺戸博物館に行ってみたいと思っています。









あ、
あと、永倉新八も出ます。
新選組の時代が終わっても
人生に続きがあったのです。
当然といえば当然か。
演じるのは隆大介さん(当時27歳)。
隆大介さんが出てると
「日本映画ーッ」って感じがする私です。










スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/4052-de04b74d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する