FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

書籍『他人の始まり 因果の終わり』を読みました※ネタバレあり。
2017-11-29 22:39






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

他人の始まり 因果の終わり [ ECD ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/11/29時点)












全世界282名(昨日のアクセス数)の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

最近の読書はもっぱら電子書籍な修羅笛の鍵です。




植本一子さんの『家族最後の日』を、先日、読みまして。

植本さんの夫であるECDさんに関する記述も多くありました。




『他人の始まり 因果の終わり』は
ECDさんが書いた本です。

時系列的に『家族最後の日』と同時期の出来事が
ECDさんの目線で描かれています。




私は1965年生まれです。

ECDさんは1960年生まれ。

植本一子さんは1984年生まれ。

私はECDさんと同世代、だと思います。




私の親も
ECDさんの親御さんと同様
高度成長期に身を粉にして働いた世代だと思います。









ECDさんは
上行結腸と食道に進行がんができて入退院を繰り返します。

抗がん剤も
手術も受けました。

淡々と。

1日12時間吐き続けるとか
大変な事態をサラっと書いてます。

そんな時でも家族に泣き言を言わないようです。

すごい。


私なら大騒ぎすると思います。




この本の最後のほうでは
手術後の体調の変化を書いていました。

少しの食事、そして排泄に
ものすごく苦労していると。




でも
いろんな苦痛を受け入れている生き様が
素敵に見えます。









病気の事だけが書かれた本ではなく
近過去からの家族の歴史、
ECDさんの理想とする家族のありかた
が描かれています。




同世代の他の人との共通の体験と
ECDさん独自の体験から
とても冷静な結論を出しているように見えます。









興味深い本でした。




ECDさんの肉体的苦痛が軽減されることを祈ります。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/4011-ec4e4417
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する