FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『チャーリーとチョコレート工場』を観ました。 (2)
2007-12-09 00:00


「ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)」は天才ショコラティエで、
お菓子工場の経営者です。
工場で生産し世界中に出荷するチョコレートのうちたった5枚に、
「金色のチケット」を同封。
手に入れた子供たちを工場に招待すると宣言します。
そして5人の子供たちが、それぞれ保護者1名同伴で、工場にやってきます…。

素朴な疑問。
このチケット、大人が手に入れるということは想定外なんでしょうか…
「ウィリー・ウォンカ」の後半の行動から推測するに、
たぶん想定外なんでしょうね…

感想。
こんなチョコレート工場があったら嫌です。
なぜならチョコレート原液の池に覆いがないから。
現実にはこのような工場はないと思いますが(笑)

感想その2。
チャーリーは本当にいい子です(泣)
欠点がなさすぎで、『タイタニック』の「ジャック・ドーソン」みたいにファンタジックです。
個人的には、「マイク・ティービー」をなぜか好きです^^


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/362-f07d5b85
トラックバック
コメント
映画館に見に行った記憶がありますー
池にフタがないの、確かに嫌ですね。
名前は忘れてしまいましたが、太った男の子がチョコの製造ラインに流されて(?)しまってもストップすることなく、そのときのチョコもどこかで製品として売られるかと思うと・・・・嫌です(^ω^;)
でもお話自体は好きです♪

Posted by shimaxshima at 2007-12-10 19:05 | 編集
>shimaxshimaさん
映画館で観たんですか~^^
ご賛同ありがとうございます。
お話自体は心あたたまりましたよね☆

Posted by 修羅笛の鍵 at 2007-12-11 01:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する