FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『リオデジャネイロパラリンピック開会式』を観ました。
2016-09-23 21:39







画像はイメージです。









全世界430名の読者の皆様こんばんは\(^o^)/

世間の多くの皆様と同様、9/8のリオデジャネイロパラリンピック開会式の
最初の1時間を録画しそこなった修羅笛の鍵です/(^o^)\




その原因は

06:00~07:00:総合
07:00~08:15:Eテレ
08:15~09:30:総合

という放送予定だったのが

06:00~08:15:Eテレ
08:15~10:15:総合

に変更されたことです。




AQUOSレコーダーの機能として
放送時間変更にはある程度対応できますが
放送チャンネルが変更されてしまうと、
録画できないのです/(^o^)\

AQUOS以外もそうかもしれません。




なので、
放送開始から1時間以降の感想ですが…。




オリンピックでは
選手入場を先導する自転車に
回転する看板が取り付けられていて
そこに国の名前が書かれていましたが
パラリンピックでは
ジグソーパズルのピース(大きい)に
国の名前が書かれていて
人が手にそれを持っていました。

そのジグソーパズルのピースのようなものは
本当にジグソーパズルのピースでした。
大勢の選手の写真をパズルにしたものなのですが
ぜんぶ組み合わせると
写真の色の濃淡を使って
全体としては心臓の形をあらわしていました。

私は組み立て途中で気づきました\(^o^)/




中国選手団の人数が
合衆国より大勢でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

中国は障害者スポーツに力を入れているのですね。




あと、
旗手の人が、
「車いす○○」の選手が多かったのですが
その人たち全員が車いすで入場したわけではなく
旗を持って歩いて入場した人も何人かいました。
驚きました。




あと、
入場の順番が
ギリシャが最初ではないことが新鮮でした。

オリンピックでギリシャが最初に入場するのは
ギリシャが近代オリンピック発祥の地だからですが
パラリンピック発祥の地イギリスが最初でもありません(・ω・)




あと、
中継しているアナウンサーの声で
あっ有働さん!
と思いました。





入場してくる選手の服装のことを
ユニフォームではなく衣装と呼ぶことが多かったです。

ゲストの蜷川実花さんに合わせているのかな、
と思いました。




親子サッカー
(障害がある子どもの脚を父親の足の上に固定しておこなうサッカー)
の人たちの入場の時は
私も少し感動しました。

有働さんはこの時泣いていたそうです。

リオパラリンピックレポーターの風間俊介さんがそう言っていました。




そして、
聖火ですが。

マラカナンスタジアムに入ってきてから2人目か3人目の人が
年配の女性でした。

雨ですべって転倒しました。

フロアディレクターらしい2名が駆け寄って起こし、
彼女はふたたび聖火を運びました。

2名のうち1名は
彼女が次の聖火ランナーに交代するまで
つかず離れずいっしょに走って、というより歩いていました。

ここも感動しました。




最後の聖火ランナーは車いすの人でした。
かなり急な、幅の狭いスロープを
腕の力で上っていくのですが
激しい雨ですべって落下するのではないかと
ドキドキしながら見ていました。

無事に上り切れてよかったです。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3579-7748510c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する