FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

書籍『わたしを離さないで』を読みました※ネタバレ
2016-07-28 20:33






商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

わたしを離さないで [ カズオ・イシグロ ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/7/28時点)












2016年3月2日のブログ
2016年4月1日のブログの続きです。




カズオ・イシグロ氏の長編小説『わたしを離さないで』を
電子書籍で読みました。




SFですが説得力のある世界
頻繁に使う例えですが
ガルシア=マルケスの『百年の孤独』みたいな説得力がありました。




もし自分が、
「普通の人」の治療のために生産されたクローン人間だったら
納得いかないと思うのですが
とはいえ
主人公たちは生まれつきクローン人間として扱われて成長しているので
その立場になってみないと本当のところはわかりません。




ともかくこの小説の中では
主人公たちは
「普通の人」に臓器を、自分が死ぬまで提供することを
受け入れて生きているのです。

肉食獣に出くわしてしまった草食動物のように
「しかたない」
と。




ドラマと映画を観て
気になっていたことが判明しました。

原作に
ドラマ版の「真実」のような存在はいません。

また、
原作の「エミリー先生」はクローン人間ではなかったです。
つまり映画は原作に忠実
ドラマは冒険しています。

そしてその冒険は、私に対しては成功しました。




原作よりもドラマのほうが感動的だと思ったのは人生で二度目です。

一度目は『JIN-仁-』です。

あら、『JIN-仁-』にも綾瀬はるかさんが出てますねΣ(・ω・ノ)ノ!









原作の静かな諦観は
それはそれでグッとくるものがあります。









今回読んだのは日本語で、ですが、
英語でも読もうかな…←無謀な挑戦











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3522-7aa1b403
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する