FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

「独特な行動をする子」が無事に成長するには、大勢の協力が必要だと思いました。
2016-06-03 23:50








画像はイメージです。









2016年5月28日に
しつけの為に置き去りにされ
5分後に両親が戻ってきた時には忽然と消えていた7歳男児が
2016年6月3日に、衰弱もしていない状態で発見されました。




無事でよかった。

彼が事件の被害者にならなくてよかった。




そもそも彼が置き去りにされたのは
両親の言葉によると
人や車に石を投げて
言葉で叱っても態度を改めなかったからだそうです。




小さい子どもには
きびしいしつけも必要だと思います。

私は小学校に上がるか上がらないかの頃、
借家に住んでいました。

大家さん宅の庭の花がきれいだったので摘みました。

すると母が私の手を縛って、数時間そのままにしました。

私は、ひとのおうちの庭の花を摘んではいけないのだと学びました。




人によって「自分ルール」に差がありますから
他人に石を投げたり、車に石を投げたりして
親から叱られて態度を改める子もいれば
改めずにやり続ける子もいると思います。

やり続けるなら、さらなる罰は必要だと思います。

5分間置き去りにされた場合
多くの子どもはそんなに遠くには行かずにオロオロしているか
立ちすくんでいるかだと思います。

今回の7歳男児はまったく迷いなく険しい山中を進み
5分間のうちに両親の想定から外れ
その日のうちに
置き去り場所から直線距離で約6キロ離れた陸上自衛隊演習場宿舎まで移動したらしいです。




このような独特な行動をとる児童をどうしつけたらいいのか
私が親なら途方に暮れます。

決して「育てやすい子」ではないと思うので
今回のように
大勢の大人の協力が必要なのだと思いました。

ただし、
今回、男児が助かったのは
一生懸命探した結果ではありません。

偶然です。

運がいいと思います。




今回のことで彼が
「人や車に向かって石を投げてはいけない」
ということを学んだのか
ということに興味があります。









幸いにも行動力とサバイバル能力は大変高いと思われるので
彼が成長して
いろいろな意味で自立して
適性に合った生き方ができるようになることを祈ります。











スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3467-d0111465
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する