FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

剃髪の思い出。
2016-04-14 23:50

















1979年のことです。

中学2年と3年の間の春休みに入院して
頭蓋骨と下肢の同時手術をしました。





その前に通院していた時
中待合室で隣にすわった老婦人が
私の髪をとてもきれいだとほめてくれました。

その直後、
診察室に呼ばれた私は
手術のために髪の毛を剃らなければならない
と言われました。

たいへん驚きました。

手術する場所だけ、ちょっとだけ剃ればいいのでは?
と訊くと、
最低でも頭の上半分全部と
患部である左側は頭の下側も剃らなければならないとのこと。

そんなちょっとだけ残っても仕方ないので
ぜんぶ剃ることになりました。




入院したばかりの時に
病院内の床屋さんが病室(4人部屋)まで来ました。

床に敷物が敷かれ
椅子に座らされて
床屋さんが
まず私の頭をバリカンで刈りました。
野球部っぽく。
そのあと、
カミソリで剃られました。




くすぐったくて
(>_<)←こんな顔になりました。




その様子を見ていた、同室の高齢婦人(胃がん)が目をそらしました。

私が泣くと思ったのだと思います。




見掛け倒し? いえ、期待外れですみません/(^o^)\




当時の私が最も心配していたのは
自前の髪の毛を一時的に失うことよりも
夏になって暑くて思わずカツラを
人前で知らず知らずのうちに外してしまうんじゃないか、
ということでした(-ω-;)









つるっとなった私は
看護婦さんたち(当時は「かんごし」ではなかった)からは
「一休さんみたい」
と好評でした。

今にして思えば、気を使ってくれていたのでしょう。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3417-3d71fe3c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する