FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『第57回 輝く!日本レコード大賞』その2。2015年のヒット曲を知る。
2016-03-28 23:50






さて即時性のないこのブログでございます。




2016年2月29日のブログに続き、
『第57回 輝く!日本レコード大賞』という音楽番組から知った
2015年のヒット曲(選考委員によるフィルターあり)を書きたいと思います。




今回は、優秀作品賞10作品を。









20160328用・もんだいガール

『もんだいガール』きゃりーぱみゅぱみゅ

多くの人々が感じてはいるものの、
言葉にできていないことを
言葉に、そして音楽にしていると感じます。

だれかを責めるときには「みんなとちがう」というけど
毎回「みんな」にあてはまる そんなやつなんているのかよ


という歌詞に感動しました。

この歌の存在は知っていました。
この番組で、いい歌だと思いました。









20160328用・愛してるのに愛せない

『愛してるのに、愛せない』AAA

この不思議なタイトル。

理解力のないなりに歌をきいてみると
セックスレスな関係のことを言っているように聞こえました。

ところでAAAは2015年がデビュー10周年だったそうですが
この歌は50枚目のシングルだそう。

70年代~80年代のアイドルよりもハイペースではないですかΣ(゚Д゚)

w-inds.は15年で35枚だも。

AAAは男女混合グループですが
この歌は「僕」という一人称がつかわれていて
音程的にもダンス的にも
男子メンバーのパフォーマンスが生かされやすい作品だとおもいました。

でも、
女子おふたかたも、ずっと美を保っていてすばらしいです。

私はこの歌を、この番組で初めて知りました。









20160328用・お岩木山

『お岩木山(おいわきやま)』三山ひろし

ウィキペディアによると
岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。

なぜ「お」をつけるのかは謎です。

ともかくその岩木山に向かって
男性が心中を語る、という歌でした。

私はこの歌を、この番組で初めて知りました。

この歌は演歌としてはヒットしているそうですが
キャラ作りも重要なようです。

このかたは歌の最後にけん玉を披露していました。








20160328用・Unfair World

『Unfair World』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

二枚目路線の歌ですね。

ビルの上の航空障害灯が 点滅するだけなのに

という歌詞を見て(テロップで)
あ、あの高層ビルの点滅するアレは「航空障害灯」という名称なんだな、
勉強になるな、と思いました。

それと、
ドラマ『ある日、アヒルバス』の「浩介」役の人が踊っているのを確認しました^^

この歌の存在は知っていました。
でもちゃんと聞いたのは初めてでした。

この歌がレコード大賞を受賞しました。









20160328用・トリセツ

『トリセツ』西野カナ

若い女性が、パートナーの男性に
自分をこんな風に大事にしてほしいと、
それを取扱説明書のていでまとめた歌です。

この内容を歌にしよう、というアイデアがすばらしいのと
多くの人のアンケート結果を歌詞にまとめた西野さんの能力や
作曲、編曲、いろんなスタッフの努力がうまく回って
この歌に実ったと思います。

この歌の存在は知っていました。

あらためて聞いても、興味深い歌です。









20160328用・大和路の恋

『大和路の恋』水森かおり

ウィキペディアによると
大和路(やまとじ)とは、現在の奈良県域を指す大和への道や域内を通過する道、特に、京都の五条口から伏見・木津を経て大和に至る道を指すことば
だそうです。

水森さんは毎回「恋に破れた女性の一人旅」を歌っていますが
今回は奈良県なのですね。

私はこの歌を、この番組で初めて知ったに等しいです。









20160328用・僕たちは戦わない

『僕たちは戦わない』AKB48

2015年12月30日のブログで
『僕たちは戦わない』は政治色があるので大賞を受賞しないだろう
と書きましたが
私個人はこの歌を好きです。

世界は「たったひとつのボタンを掛け違えた」だけではなくて
たっくさんのボタンを複雑に掛け違えているんだと思うんですけどね。

しかし、少年や青年がこの歌をきいて
「他の人と戦うことは正しくない」と心に刷り込みされることは好ましいと思います。

私はこの歌を、この番組を観るまえから知っていました。



20160328用・マイク

ところで歌唱前のインタビューで
峯岸みなみさんが質問されて
高橋みなみさんのヘッドセットのマイクで答えていました。

峯岸さんのマイクはオフだったのだな、と思いました。

そして、この二人の舞台度胸を垣間見た気がしました。









20160328用・ありがとうforever

『ありがとうForever...』西内まりや

作詞作曲編曲、ぜんぶ西内まりやさん。

そして弾き語り。

私は、弾き語りをやったことがあります。

歌を歌うのと、ピアノを弾くので、
2倍たいへんかとういうと
3倍くらいたいへんです。

自分の頭が一度に処理できるのは歌かピアノのどちらか一方なので
歌に集中する部分では体が勝手に動いてピアノが弾ける
ピアノに集中する部分では体が勝手に動いて歌が歌える
そこまで修行をつんでいなければできないのです。
少なくとも私はそうです。

なので、
こんなことのできる西内さんを尊敬します。

私はこの歌の存在を知っていましたが
ちゃんと聞いたのはこの番組で、が初めてだったと思います。









20160328用・私以外私じゃないの

『私以外私じゃないの』ゲスの極み乙女。

歌唱前のインタビューで
「甘利大臣が会見で突然(私以外私じゃないの、と)歌ったのでビックリされたのではないですか?」
という安住アナの質問がありました。

あとで録画で見て
ああ二人とも悪名高くなっちゃって、
と思いました。

ところで私はこの歌を大好きです。

この歌だけでなくて
私の知っている、ゲスの極み乙女。の歌をぜんぶ好きです。

新しい何かがあると感じます。

この歌を、もちろん、この番組を観る前から知っていました。









20160328用・愛しのテキーロ

『愛しのテキーロ』氷川きよし

「やりきる」系アーティストとして彼の右に出るものはいない
と私が勝手に思っている氷川きよしさん。

今回はワイヤーでつられていました。
堂本光一さんとか滝沢秀明さんみたいだと思いました。

そして、
つられている状態でも歌唱力が減衰しませんでした。

足を踏みしめることのできない宙づりの状態で歌うのはたいへんだろうなあ、
と、
経験のない私は思いました。

私はこの歌を、この番組で初めて知りました。









他に印象に残ったのは

前半の、まるで『MUSIC FAIR』みたいなメドレーを
複数のアーティストでおこなったときに
西内まりやさんが竹内まりやさんの作品を歌っていたことと

優秀アルバム賞でパフォーマンスしたSEKAI NO OWARIのFukaseさんが
「美しくなった」
と感じたことです。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3400-ba241128
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する