FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

あの光景ふたたび。
2016-01-14 23:50






2011年3月11日の大地震の時
私は東京都港区の職場で働いていました。

電車は止まったので
徒歩で、台東区へ帰宅しました。

帰宅すると、
マンション6Fの自室では
本棚から取扱説明書がかなり落下していました。
普通の本のように立てておいたのでなく
本棚の、ある1段に、積み上げていたものです。

それと、
ドレッサーからドライヤーが落ちていました。

あと、台所のガス台(システムキッチン)には鍋が置いてありました。
その鍋は、あとで洗うために水を張っていました。
鍋は倒れていませんでした。
でも水がけっこう、ガス台の中にこぼれてしまっていて
ガス台の表面の板をはずして中の水を取る作業が必要でした。

そもそも東京ガスの、ガスの供給も止まっていました。

台東区は震度5弱でした。









さて、
2016年1月14日、
浦河沖(北海道下部の沿岸)を震源とする地震がありました。

私が2013年9月に北海道に引っ越して以来
最大規模の地震だと思います。

やはり私は仕事中でした。
札幌市中央区の職場で。
中央区は震度3でした。

まずギュインギュインという音がしました。

「あ、誰かの携帯電話で緊急地震速報が鳴っている」
と無感情に思っていたら
実際に揺れ始めました。
結構長く続く横揺れなので
海溝型だなと思いました。

私の職場にはテレビがあるので
最大震度5弱なのがすぐわかって安心できました。




地下鉄は動いていましたが
津波による水没が最も怖いもののひとつである私は
「大事を取って」JR札幌駅から地上を走る電車で、厚別区へ帰宅しました。

マンション5階の自室に入ると、
以前に体験した光景が
規模を小さくして繰り返されていました。









20160114用・散乱

本棚(のドレッサーとして使用している部分)からドライヤーとドライヤーの置き台が落ちているし
本棚と食器棚の境目にいたプーさんが落ちているし
食器棚の最下段が途中まで開いているし。

この後に気づきましたが、レコーダーの位置も、少しずれていました。









20160114用・本来

プーさんを、
もといた位置に戻しました。









20160114用・電話機とか

最も危惧していた
電話機、ルーター、モデムの落下はありませんでした( ´ ▽ ` )

早急に対策したいと思っています。









ガス台の上の鍋からはやはり水がこぼれていました(笑)




しかし、
北海道ガスは止まっていませんでした。

それは、厚別区が震度4だったからだと思います^^











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3325-5dd43953
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する