FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

小説『kaori』第8回(全8回)
2016-01-06 23:50







画像はイメージです。









小説『kaori』(便宜上、第8回)









「私、できないわ!」涙と一緒に、勢いよく答が出た。
「そんなふうに生命を軽く扱うわけにはいかないわ。…もちろん康徳と私の間に何の障害もなければそれにこしたことはないけど……障害はあってもいいの。一緒にいられれば。………それがいちばん大事なことだから。…むしろ、男と女のつながりって、一緒に障害を乗り越えてこそ、はじめて本物になると思うもの……」
 涙で顔がぐしゃぐしゃになった。
 その人は、傷ついたように言った。
「愚か者め……後悔するなよ」
 その人は現れたときと同じように、いつのまにか人込みの中へと消えて行った。
 とたんに激しい頭痛がしてきて、意識が遠くなってきた。ワタシハオロカモノナンカジャナイ。ケッシテコウカイナンカシナイワ……………。


 目を開けると、白い天井と、愛しい人の顔が見えた。
「香!」
 いきなりぎゅっと、康徳に抱きしめられた。
 「香、香……ああ、よかった……死んじまうかと思った」
 「やすのり……」
 私は穏やかな気持ちだった。でも康徳は興奮している。
「覚えてるかい? 事故にあったんだよ。酔っ払い運転の対向車がこっちの車線に入ってきて、避けようとして運転手さんがハンドルを左に切ったところに後続車がぶつかったんだ。君は4日も眠っていたんだよ……」
「他にけが人は…?」
 康徳は眼を丸くした。
「君はなんてやさしいんだ。そういうところが本当に好きなんだ。……タクシーの運転手さんが肋骨を1本折って、あとは全員かすり傷。酔っ払い運転してた奴がなんともないのに、君だけ頭を強く打って意識不明だなんて、…………もし君があのまま死んでしまったら、僕がそいつを殺してやるところだった」
 康徳は私の頬を撫でた。包帯の上から撫でられる感触がして、左頬に鈍い痛みがあった。でも、とても幸せ……。


 それから1年。
 ひろ子ちゃんと和美くんは、あの後しばらく山之内氏のいやがらせに苦労していたけれども、そのうちひろ子ちゃんが家から勘当されたような形になると、いやがらせも止んだ。
 康徳と私は一緒に暮らしている。あの5カ月後に離婚が成立した。彼は多額の慰謝料を支払ったが、奥さんは会計士の資格を生かして働き始めた。子どもたちは奥さんが引き取った。彼は、月に1度、子どもたちに会う。
 毎月支払う養育費のために、以前のような贅沢はできなくなった。「でもそんなことはたいした問題じゃないわ」と私が言うと康徳は「君は本当にやさしい人だ」と言う。
 事故の後遺症はないけれど、私の左頬にはわりと目立つ傷が残った。「でもそんなことはたいした問題じゃない」と康徳が言う時、本当に彼に対する尊敬と、そして安心感が湧いてきてしまう。
 昏睡状態の4日間に見た夢のことは誰にも話していない。今思うと私はあの時、生かすか死なすかのテストを受けていたような気がしてならない。運命をつかさどる絶対者によって。










おわり。









「1989年1月4日(水)5:56AM」と原稿用紙に鉛筆(またはシャープペンシル)で書かれています。
タイトルは書かれていません。
そこで、ブログに掲載するにあたって、
主人公の名前をローマ字表記してタイトルとするという
無難な対策を取りました。

当時の私は、
星新一さんになりたかったんですかね(・ω・)

それか、
赤川次郎さんになりたかったのか(・ω・)









『アンガージュマンの入口』はかなり私の経験に基づいていますが
『彼女はスリーピング・ビューティー』と本作はフィクションです。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3317-858fdaff
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する