FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

小説『kaori』第4回(全8回)
2015-12-22 23:50







画像はイメージです。









小説『kaori』(便宜上、第4回)









 ひろ子ちゃんはこれからどうするんだろう。和美くんを選んだばかりに、和美くんに迷惑をかけると知ったら……。当の和美くんもどうするんだろう。……ううん、きっと彼なら、ある程度の邪魔が入ってもうまくやっていけるに違いない。笑いながら、つらいことをジョークにして。やっぱり問題はひろ子ちゃんだわ。どのくらい動揺しないでいられるか。
 許されない恋を貫こうとすると、どんな障害が待っているかわからない。
 きっと、私の場合はひろ子ちゃんより部が悪い。
 どうなっていくのかしら、私たち。
 やっぱりお金では買えないものがあるから……。
 もし、康徳が離婚して、慰謝料をいっぱい支払ったとしても、子どもたちにはパパの代わりはあげられない。………奥さんが再婚すれば話は別だけど、私にはそこまで望む資格がない。
 それについては本当に、偶然にまかせるしかない。
 けれどもいったいどうするのが最善なのかしら?
 誰も不幸にしたくないのに。
 だからといって自分の幸せだけを犠牲にしたら、あとできっと誰かを恨むだろう。


 夜の10時に待ちあわせをした。都心のカフェバー。
 康徳は少し遅れてやってきた。
「ごめんね遅くなって。仕事が長びいたものだから」
「いいのよ。お疲れさま」
「何かあったの? 元気ないじゃない」
「何でもないわ」
「そう?」
 いきなり彼の顔が近づいて、唇と唇のキスをした。都会の無関心が、こんな時うれしい。
 ころあいを見計らって、ウエイターが来る。
「お飲み物は?」
 康徳は、機嫌よく答えた。
「彼女と同じマルガリータを」
「かしこまりました」
 ウエイターは去った。
 今日の私は、気をつけていないと笑顔が消えてしまう。
「どうしたの怖い顔して。やっぱり何かあったんだね?」
「……ええ」
「僕に話して。君のことは何でも知りたいんだ」
 話してと言われても、この話題を口にするのはとても勇気がいる。
 結果的には恋を失うかもしれない。
 だけれども、いつかは確かめなければならないんだわ。私は思い切って口を開いた。










つづく。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3302-8285df1a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する