FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

父は地デジ化に際し「テレビを観るのをやめる」と言っていました。
2015-12-12 23:50








画像はイメージです。









私の父は、2006年に、72歳で亡くなりました。




そのころ世間では
アナログ放送からデジタル放送への移行計画が発表されていて
アナログが停波したら
ブラウン管テレビだけでは視聴できなくなるという周知がなされていました。




デジタル放送を観る方法は2つ。
ブラウン管テレビにデジタル用チューナーをつけるか
デジタル対応のテレビに買い替えることです。




2004~2005年頃の発言だったと思いますが
「(地デジ化にあたり個人に費用負担が強制されるなら)もうテレビを観るのをやめる」
と父は言いました。




私は、4歳の時からテレビが家にある生活をしているので
テレビのない生活は想定外で
父の発言に驚きました。




しかし、
父が育ったのはテレビのない時代。

それどころか家の中に水道がなく
屋外の井戸で水を汲む時代。

テレビのない生活も「アリ」なのでしょうw(°o°)w




実際にアナログが停波したのは2011年7月24日でした。

父はその5年前、2006年7月に
26インチのブラウン管テレビ(当時としては小さいサイズではなかった)を残して亡くなりました。




父は、テレビのない生活に戻ることはありませんでした。

今の話に関係ないですが
東日本大震災後の日本を知らずに亡くなりました。









私も
一生ないと思っていた、
NHK衛星契約から地上契約への逆戻りを先日経験しましたが、
BSのない生活はできています。

でもやっぱり、テレビ全部のない生活は考えられません。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3292-5dd243cf
トラックバック
コメント
私はチューナーを買わなかったので、テレビのつかない生活ですが、パソコンがあるので困りません。定期収入は遺族年金だけなのでスカパーも契約解除しちゃいました(笑)。でも、高齢者施設勤めをやめていなかったら、毎日の話題作りに、きっと見ていると思います。 苦労して勝ち得た文明の証を、お父様の年代の方が打ち切る気持ちになられるなんて、すごいことですね。わたしの母も義父母も、テレビがあることがステイタスという考え方なので、会えば「買ってやる」と言われ、ありがたいけど、困ってます…
Posted by 海月と申します at 2015-12-14 00:21 | 編集
> 海月様
コメントありがとうございます<(_ _)>
インターネットがあれば、テレビなしでもやっていける、という人々が存在するのは知っていましたが、私はたぶんムリです/(^o^)\
すごいと思います。

Posted by 修羅笛の鍵 at 2015-12-14 06:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する