FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『プリンセス・マサコ』と『『プリンセス・マサコ』の真実』
2007-11-02 00:00

全世界59人の読者の皆様、更新が遅くなって申し訳ありません<(_ _)>

 
まず、『プリンセス・マサコ』を読みました。
その後、『『プリンセス・マサコ』の真実』を読みました。
外国人ジャーナリストによって書かれた『プリンセス・マサコ』という本が、
最初ほかの出版社から出ることになっていたけれども出版中止になっていたこと、
出版予定だった時点でもたくさんの削除部分があったことが分かりました。

外国では報道されていることが、日本では報道されていない、ということも分かりました。

「適応障害」という病名は、半年を越えたら、その呼び方はしなくなる、ということも分かりました。

現在の皇室典範を作った人たちは、後継者を男系男子に限り、側室制度も廃止した時点で、
後継できる人数がどんどん減っていくのは、数学的に分かっていたのではないでしょうか。
原著者が言っている、「皇室は絶滅の危機にある」というような言葉には、
「その通りだ」と思います。

ある夫婦が男の子を持つことができるかどうかなんて、やってみなければ分からないし、
男の子が生まれなかったからといって、
あるいは、男女どちらの子供も生まれなかったとしても、
その夫婦に非はないはずです。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/325-a63499bb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する