FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

超ひさしぶりにマンモグラフィー受けました(°д°)
2015-04-10 20:00






マンモグラフィー検診を受ける女性

画像はウィキペディアからお借りしました。









3月7日(土)に体操していて腕を上げた時
左乳房の外側が痛いと思いました。




その日、着替える時だったか、
その場所に触ってみたら、
しこりがありました。




痛みで乳がんを発見するのは稀ですし
その前日に右手親指にできたホクロ問題のほうが
その時は気になっていました。





その後ホクロは消失し、
乳房のしこりの痛みがクローズアップされてきました(笑)




圧痛だけでなく自発痛も出てきて
生活が不便になってきました。




痛みのピークはもう過ぎたような気がするのですが
先日、
書籍『私、乳がん。夫、肺がん。39歳、夫婦で余命宣告。 私は"私の命"をあきらめない』を読んだ時
そのかたは発見時、痛みがあったというし
痛いからといって乳がんを否定できないと思いました。

それに、
乳がんでなくても
痛みでQOLが下がっているので
なんとかしたいなーと思いました。




そこで今日、
近所で、乳腺外科を受診しました。




超ひさしぶりに、
マンモグラフィーやりました/(^o^)\

私は本当は
マンモグラフィーは受けたくありませんでした。

痛いし被ばくするから。

被ばくについて調べてみると
某病院のホームページでは
「一回のマンモグラフィー検査で乳房が浴びる被曝量は0.05~0.15mSv(ミリシーベルト)とされています。」
とのことです。

けっこうな量じゃんか。

まあこれを調べたのはさっき。
つまりもう受けちゃった後。

病院では、
「まず最初にマンモグラフィーをやってもらって、それから診察になります」
と素晴らしく効率的なシステムに組み込まれ、
ベルココンベアーに乗った気分で
逆らう気力もなく
(そう、最近、気力があんまりありません)
受けてしまいました/(^o^)\




もう、いつだったか忘れちゃった、
前回のマンモグラフィー。

痛かったことを覚えています。

おっぱいを、2枚のプラスチックで挟んで、
その2枚の幅をギューッと近づけて
撮影するのです。

上の写真はまだ「圧縮前」です(笑)

あの時も悪性ではなかったけど、
もともとが痛くないしこりを調べたのに、
マンモグラフィーは痛かったのです。




ところが今回は!

すごく素晴らしい放射線技師さんと巡り会えました\(^o^)/

女の人だし、痛くない!

もちろん2枚のプラスチック板で左胸を圧縮した時
圧痛はありました。
でもそれは、
手で触ったときや
腕が触れたとき
ブラジャーのワイヤーが当たったときなどに
いつも感じていた程度の圧痛だったので
マンモグラフィーだから時に痛かったわけではないのです。




とくに痛みのなかった右胸も
中心部の乳腺がごりっとしてる感じはあるので
念のため同時撮影しました。




でもってー。




診察に呼ばれる時も、
小さい部屋で上半身ぜんぶ脱いで、
ケープをかけて入室^^



ここでも素晴らしく効率的に
先生から繰り出されるルーティンの質問
(今までにいつマンモグラフィーを受けたか、家族に乳がんの手術歴はあるか、子どもはいるか、など)
に答え、
今日のマンモグラフィーでは特に悪そうな所見はないね、
と言われ
すぐに横になって超音波検診です^^

右は正常な乳腺があるだけと言われました。

左は、
痛いところは
直径1.6センチくらいの塊があるんですが
水が溜まっていると思う、
と言われました。

その近くにも
数ミリの「水溜まり」があるそうです。
小さいから自分では気づかなかったけど。




水が溜まって
周りを圧迫して、
周りが炎症を起こしたようになって痛みを感じるそうです。

40代に多いそうです。

40代でしこりができたらビビりますよね。




治療法としては
注射器で水を抜く方法もあるけど
自然に治る人が多いので
様子を見てください、
何かあったらすぐ来てください、
何もなければ1年後に来てください、
と言われました。




お会計は3600円だったかな。




意外と安い(°д°)




神様に感謝しながら帰宅しました。




しかしその後、
長い昼寝をしたにもかかわらず、
ちょっとぐったりして
めまい感(平衡感覚喪失感)が強めです。

放射線起因かもしれません。




このあと食事で
塩分と水分を摂ろうと思います。










もし乳がんと言われても
標準治療を受ける気はない私ですが
医師は治療を勧めてくるでしょうから
それを「キッパリと」ではなく「やんわりと」断ることができるのか
私の最近のいちばんの心配事はそれでした(・ω・)




ともかく今回はやり過ごせた\(^o^)/











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3046-5b8ebfae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する