FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

小説『アンガージュマンの入口』第13回
2015-04-08 19:03







画像はイメージです。









小説『アンガージュマンの入口』(便宜上、第13回)




「アンコール!!」
「そぉれ!」
「アンコール!!」
「そぉれ!」
 といったコールが、ライトの点いてしまった客席のあちこちで、微妙にズレたタイミングで何本も上がっている。
 各地で(!)手拍子と共に「アンコール!」が始まると、リーダー格の女の子が「そぉれ!」っていう合の手を入れるわけ。それに、メガホンを叩く音や、笛の音なんかも加わってくるのがパターンだ。
 今日のアンコール・コール(というのは、アンコールはもともとフランス語で”ふたたび”っていう意味で、英語のcallとは関係ないから)はひときわ熱が入る。
 もうすでに一回、シックスティーズはアンコールに応えた。
 でもまだ足りない。
 毎月1回恒例のこの渋谷のライブ・ステージは、いつもは二部構成で聴かせてくれる。なのに今日(5月の第4木曜日)は、ワンステージで終わりなんだもの。
 ずるいよねーそんなの。
 お店の都合か何か知らないけど。
 アンコールくらい、2回やってもらいたいって思うの、わかるでしょ?
 で、
「アンコール!!」
「そぉれ!」
「アンコール!!」
「そぉれ!」
「アンコール!!」
「そぉれ!」
「アンコール!!」
「そぉれ!」
なんだけど。
 ステージの上には、お店のロゴ入りTシャツを着たお兄さんが2、3人出てきて、再度のアンコール・ステージはあり得ないってことがあたしたちにはっきりわかるほど、てきぱきてきぱきマイクその他をかたづけ始めてしまった。
「冗談でしょー」
と美紀ちゃん。彼女はあたしと同い年の社会人で、川崎市在住。いつもライブハウスで会う。
「まだ踊れるよー」
とあたし。
「でもしょうがないか」
「次は横浜だね」
「うん。10日後」
「じゃ、あたしちょっと着換えてくる。待ってて」
 バッグをつかんで、お手洗いに向かう。
 いつもすごく汗かくから、着替え持って来てるの。
 着換えって言っても、今日はスーツ(ウール100パーセントのグレーのスーツ。裏地のない一重仕立てだから、この季節でも暑苦しくない。スカートはタイトで、今日はばっちりメイクもしてるから、いつになく21歳くらいに見えるんじゃないかな)だから、ブラウスだけ換えるんだけど。










つづく。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3044-2579d5c3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する