FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

3月31日には満年齢を言っても大丈夫と気づきました(笑)
2015-03-31 19:12







母を失うということ―娘たちの生き方母を失うということ―娘たちの生き方
(1995/04)
ホープ エーデルマン

商品詳細を見る










私は1965年3月生まれです。




3月の何日生まれか、ということは非公表としております。




そこで、
3月に年齢を訊かれた際は、
数え年で答えています(医療機関などでは別)。




しかし、
今年はたと気づいたのですが
3月31日であれば
満年齢を答えても
3月1日から3月31日までのいつが誕生日であろうとバレません(笑)




そんなわけで、
私は今50歳です。




50歳になりました、今月。




まったくもってめでたい。




私はかつて
43歳の誕生日が、
とてもうれしかったです。

なぜかというと
私の母は42歳で亡くなったからです。

昔読んだ『母を失うということ』という本に
若くして母を失った娘にとって
母の亡くなった時の母の年齢に自分がなる、
母が亡くなった時の自分の年齢に娘がなる、
というのが
ふたつのマジックナンバーだと書かれていたので
影響を受けていました。

同性の親は自分の生きるモデルですから
私のモデルは42歳までしかなかったわけで
とはいっても
母は26歳で私を生んでいたので
とっくにモデルとかけ離れた人生を送ってはいたわけですが。

43歳の誕生日はうれしかったのです。




ところが
2011年の福島第一原発の事故以来
またも低線量被ばくした私にとって
(おそらく母が長崎の時に低線量被ばく、そして私自身がチェルノブイリの時に東京で低線量被ばく)
誕生日を迎えることは
よりいっそう特別な意味を持つようになりました。




事故前は110歳まで生きる予定だったのですが、
事故後しばらくして危険に気がついた私はもう、わからなくなりました。

数年以内に低線量被ばくの影響が出て重大なことになるのか
それとも未病な感じで長生きするのか。
(元気ハツラツで長生きする気はあまりしません)




ともかく今は
50歳になれてうれしいです(//∇//)




私と
私以外の人と
動物も植物もみんな
元気でいられることを
私は願っています。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3036-ac0beaed
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する