FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

劇団四季『CATS』を観ました。
2015-03-14 23:50







キャッツ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ミュージカル&音楽映画特集】 [DVD]キャッツ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ミュージカル&音楽映画特集】 [DVD]
(2011/04/06)
“サー”ジョン・ミルズ、エレイン・ペイジ 他

商品詳細を見る

画像は、劇団四季バージョンではありません。









久しぶりに、劇団四季のミュージカルを観ました。




2008年12月に
東京の四季劇場で『ライオンキング』を観ました。




今回は
北海道四季劇場で
『CATS』を観ました。




事前に知っていたのは
猫が踊ったり歌ったりするのだ、ということと
北海道出身の人が出演してるのだ、
ということだけ。

その、北海道出身の役者さんのドキュメンタリー的なテレビ番組を見たのです。

それで、
『CATS』を観たくなったのです。




劇場は新しく見えました。




ステージだけでなく客席部分の壁まで
セットというか、
飾り付けがしてありました。

「ごみとして捨てられたもの」らしいものが
たくさん置かれたようなイメージ。

「ごみ」の中に
北海道新聞のキャラクターのぬいぐるみがありました。

他にも「白い恋人」(北海道のお菓子)の箱などが、
探せばあるらしかったです。




さて、舞台では
猫(の扮装をした人間)が
踊ったり歌ったりしていました。

私が楽しみにしていたのは
自分でもカラオケで歌う『メモリー』をプロの人がどんな感じで歌うのか
それと
ドキュメンタリー番組で見た
片足で連続回転する、男性の役者さんのダンスでした。




連続回転はすごかったです。




バレエ『白鳥の湖』で
黒鳥が32回転(森下洋子さんだと36回転)するのは有名ですが
この『CATS』では男性が25回転するそうです。
観劇後にネットで知りました。




すごい。
自分にできないことをできる人のことを尊敬します。

私が元気だった時
最高に回れて2回転でしたから(笑)


いまは
めまいがするので踊れないし
振り付けを覚えることも、多分できません。

それどころか
舞台を見ているだけでもところどころキツかったです。

眩しい光が点滅するシーンでは目を閉じ、
役者さんが左右にすばやく動くシーンでも目を閉じ、
なんとか最後まで観ました。




途中で20分の休憩があり
お客さんが舞台にあがってセットを見たりできるという
ほかの舞台ではあまりないことがおこなわれていました。

お客さんたちは
劇場内を反時計回りに歩いて舞台や客席の壁を見回っていました。

私は、
下り階段が苦手なので、
休憩時間もずっと席にいました。

なので、
最後の方はお尻が痛かったです(笑)









スゲーうまく踊りたいし
スゲーうまく歌いたいです。




健康な体があれば
300年くらい修行すれば
ミュージカル俳優になれるかしら。

いや、
芸能の世界で重要なのは素質です。

素質のある人が努力もする
あと運も必要です。




あ、あと!

『CATS』って客いじりする、
ってことがわかりました。

前の席に座ってると
舞台に引き上げられるようです。

まいかい一人のお客さんが。

その他にも
俳優さんが客席をまわってお客さんに握手を求めたりするので
客いじり多いなーって思って
これも観劇後に検索して
やらせじゃなくて本当に毎回、
一人のお客さんを舞台に引き上げているんだとわかりました(°д°)




あと、
観劇数日前から風邪を引いていて
観劇中に咳が出たら困る(ーー;)
と思っていたのですが
最後のほうヤバかったのですが
スゲーがまんして
音楽が大きくなった時にあわせて大きな咳ができてよかったです。









そんなわけで、
w-inds.のデビュー記念日だったというのに
w-inds.のニコ生を見ずに
この日は終わったのでした。

(あとでファンクラブサイトで見る気まんまんです)











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/3019-aa468f96
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する