FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『八日目の蝉』を観ました。
2014-12-06 23:50







八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
(2011/10/28)
井上真央、永作博美 他

商品詳細を見る










2014年7月12日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『八日目の蝉』を
録画で、先日、観ました。




「希和子(永作博美)」は
不倫相手「丈博(田中哲司)」との間に出来た子どもを堕胎し
子どもを産めない体になった。
「丈博」の妻「恵津子(森口瑤子)」は女の子を出産。
「希和子」は赤ん坊の顔を一目見たら
すべてを諦めて新しい人生を始めると決意していたが
「丈博」と「恵津子」の留守宅に忍び込んで赤ん坊の「恵理菜」を見た時
「恵理菜」が自分に微笑んだため
衝動的に誘拐してしまう。





誘拐された子どもの成長後を井上真央さんが演じています。




赤ちゃんの時に誘拐されて
物心ついたころに
本来の家庭に戻されたので
本来の両親を親だと理解するまでに時間がかかり
身に付いた関西弁を矯正され…。

それぞれの事情に感情移入してしまいます。

不倫して
愛人の妊娠から逃げた男性は
悪者に見えます。




現実に
妻と愛人が同時期に妊娠することは
ありがちだと思うのですが
堕胎した愛人は
本妻の産んだ子どもを育てたいと本気で思うのか
子どもを持つことを本気で検討したことのない私には
そこが理解しがたいです。


とはいえ、

永作博美さんの演技はすばらしいと感じます。

井上真央さんも。

あと、大人になった「恵理菜」を取材する
ライターの「千草」役の小池栄子さんもすばらしいと思いました。









大人になった「恵理菜」の逞しさ(生活力的なこと)に
憧れます。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2921-90edbb84
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する