FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『ER』第11シーズン第6回「末路」を観ました*ネタバレ率約8%
2007-09-07 00:00

レンタルDVDで、『ER』の第11シーズンを観ている途中です。

第6回「末路」なんですが。
腹部痛の中年男性患者が主役のような扱いでストーリーが進みます。

彼の病気が深刻な状態だと徐々に明らかになります。
飲酒しているせいか、病院に居ることを意識する時と、
空港や、旅行先や、かつて住んでいた家にいるつもりになっている時とが交錯します。
家族との関係についての後悔が押し寄せます。ERの面々が彼に話しかける言葉が、
彼の意識の中では別の場面にすり替わって聞こえたりします。

途中まで観て、この中年男性の顔を、以前に見たことがあると気づきました。

調べてみると、やはり、レイ・リオッタでした。
私は『乱気流/タービュランス』という映画が印象に残っていたのです。
その時と比べると今回は老けている、というか、
メイクで、50代くらい(現在)と30代くらい(回想)を演じていて、
多くの人が感情移入しやすい普通の感覚の人の役で、異常犯罪者ではありません^^

今まで『ER』に登場した患者の死は、医師の目線で描かれることがほどんどだったと思います。

今回は、死が、患者の目線で描かれていて、興味深かったです。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/269-860841cd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する