FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『英国王のスピーチ』を観ました*ネタバレです。
2014-03-28 23:52





英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2012/08/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る










2014年3月18日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『英国王のスピーチ』を
録画で、先日、観ました。




イギリスの今の元首はエリザベス2世ですが
その父親であるジョージ6世の物語です。




なんと、
ジョージ6世は長男ではないのです。

私は知りませんでした。

英王室の次男「ヨーク公(のちのジョージ6世)(コリン・ファース)」の
父である「ジョージ5世(マイケル・ガンボン)」が亡くなり
長男「エドワード8世」が即位する。
しかし、彼は離婚歴のある外国人女性との結婚を決意し、
そのことを教会が認めず
即位後1年もたたないうちに退位する。
そこで
「ヨーク公」の人生が予想外の方向に転がり、
「ジョージ6世」として即位する。

国王の仕事は
国家を運営する実務ではなく
実質ほとんど「国民に向かって語ること」だが
「ジョージ6世」は吃音症で、人前で話すことが何よりも苦手だった。

言語療法士の「ライオネル・ローグ(ジェフリー・ラッシュ)」によるハードな指導で
「ジョージ6世」は吃音を治そうと努力を重ねる。

時代は第二次世界大戦に向かい
国王は国民を励ますスピーチを何回もしなくてはならない
ことが予想される。


さてどうなる(・ω・)




って、
努力が実って
「ジョージ6世」は
どうにかこうにかスピーチができるようになります。

クライマックスは
第二次大戦が開戦した時のスピーチ場面。

ラジオの生放送で国民に向かって語りかけ
そのあと宮殿のバルコニーから観衆に向かって手を振ります。

生放送で
部屋の中のマイクに向かっている姿は
なんとか失敗しないで話そうといっぱいいっぱいな感じなんですが
そのあとのバルコニーでは
堂々とした姿を見せます。
なんか、国王っぽい威厳がただよっています。

「ジョージ6世」役のコリン・ファース、すばらしいです。




あと、
その生放送のスピーチを
遠いところで(たぶん)
ラジオで聴いている
退位した「エドワード8世」の姿が感慨深かったです。









まだ観ていない皆様は
ぜひDVD等で、
冒頭の失敗するスピーチから
クライマックスの成功するスピーチまでを
見届けていただきたいと思います^^











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2665-61b3c947
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する