FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『シッコSiCKO』*ネタバレ率約18% (2)
2007-09-03 00:00

私が社会人になったばかりのころ、社会保険の本人の医療費の負担は1割でした。
扶養家族は3割でした。
国民健康保険は本人が3割でした。

ある時、社会保険の本人は2割負担へ、そして3割負担へと変化したので、
きびしい世の中になったなぁと感じました。
でも、これで制度崩壊を免れるなら良し、とも考えていました。

日本ではこのように、医療費の負担は3割、という人が多いと思います。
子供や高齢者の医療費についてはもっと割引になったりもします。
何らかの事情で、自分で選択して10割負担にする人もいますが、少数派です。

国民皆保険という制度があるから。

年々きびしくなる制度のように思えても、
実は合衆国よりマシでした。

合衆国には国民皆保険の制度がないのですって。

民間の医療保険はあるけど。

しかも、支払い条件はきびしいらしいです。

日本でも民間の保険会社の保険金不払いがニュースになりますが、
合衆国の保険会社の不払いぶりについて、『シッコSiCKO』を観て分かりました。いっぽう、
フランスやイギリス、キューバは医療費の本人負担が日本より軽いということも分かりました。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/265-535d4559
トラックバック
コメント
こんばんは、私もこの映画を観ました。
日本の民間保険会社も支払い拒否問題などを抱えていますが、この映画で描かれている病歴の数の多さや薬の服用歴などを理由に保険金の支払いを拒否するとなると皆保制度の無いアメリカ人って大変なんだなと思いました。
救急車や中指の件は映画らしい話題でしたね。
Posted by kintyre at 2007-09-18 00:45 | 編集
>kintyreさん
意識を失って救急搬送されたというのに、
救急車を利用することについて事前に保険会社の承認を取らなかったから保険金がおりないなんて、
ギャグみたいですよね^^;

Posted by 修羅笛の鍵 at 2007-09-18 01:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する