FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『ママの遺したラヴソング』を観ました。
2013-10-23 20:16






ママの遺したラヴソング [DVD]ママの遺したラヴソング [DVD]
(2010/08/27)
スカーレット・ヨハンソン

商品詳細を見る










2013年9月30日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『ママの遺したラヴソング』を、
録画で、先日、観ました。




あらすじをウィキペディアからコピペして編集しますぬ^^




フロリダで怠惰な生活を送っていた少女「パーシー(スカーレット・ヨハンソン)」は、
母「ロレーン」の死を知り、故郷のニューオーリンズに戻る。
そこで「パーシー」は、母の家に住み着き、母を看取った見知らぬ2人の男、
母の友人と名乗る元英文学教授で初老のアルコール中毒の男「ボビー(ジョン・トラボルタ)」と
その助手で作家志望の青年「ローソン(ガブリエル・マクト)」と出会う。
幼い頃から離れて暮らしていた母のことを知りたくなった「パーシー」は、
彼らと3人で共同生活を始める。





彼らが共同生活を送る家というのが、
古びた狭い一軒家だということです。

しかし、
日本人である私には
狭くは見えませんでした(笑)

よく、
広ーいワンルームとかありますが、
私は、
広いワンルームよりも、
同じ面積でも細かく区切った、
たくさん部屋があるおうちのほうが好き♪

で、
彼らの一軒家は広いワンルームタイプだと思うんですよね。

いえ、寝室は2つです。

最初は「ボビー」と「ローソン」が1部屋ずつ使っていたのですが、
女子である「パーシー」が加わったことによって、
「ボビー」と「ローソン」は同室にされてしまいます(笑)
大の男が二人でひと部屋(笑)

細かく区切って小さい部屋を増やせばいいのに、
とか思いますが、
まあそう簡単にはいかないか(・ω・)




でですね、
古い一軒家に住むのもいいなあ、
とか思っちゃった次第です。

最初は汚れて散らかっていた家を、
「パーシー」が片付けて、
次第に人間らしい住まいになっていくのです♪




例によってスカーレット・ヨハンソンの細長い手足と、
ボンバーな胸にドキドキします(*´∀`*)




ストーリーテリング的にも面白かったので、
皆様もぜひ♪









ちなみに亡くなった母「ロレーン」について。
登場人物は彼女のことを多く語りますが、
「ロレーン」本人は、
回想でも写真でも、
いっさい登場しません。
なので役者さんはいません(・ω・)









いませんよね?!










スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2509-b33ee5f6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する