FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『ブーリン家の姉妹』を観ました*ネタバレです。
2013-08-09 23:50





ブーリン家の姉妹 [Blu-ray]ブーリン家の姉妹 [Blu-ray]
(2009/04/01)
ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン 他

商品詳細を見る











2013年6月24日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『ブーリン家の姉妹』を、
録画で、先日、観ました。





2008年のイギリス映画です。





ウィキペディアによると、
「16世紀のイギリスを舞台に、
 後にヘンリー8世の寵愛を受けることになるアン・ブーリンと
 その妹メアリー・ブーリンの姉妹
 (ただし史実においてはメアリーを姉とする説もある)
 を巡る歴史劇」
です。




ずうっと昔に
『1000日のアン』
という映画をテレビで観たことがありました。




同じ人物が、
複数の映画で
それぞれの視点で描かれているのを観るのは
興味深いことです。




『ブーリン家の姉妹』での「アン(ナタリー・ポートマン)」は策士で、
いろんな手を使って「ヘンリー8世(エリック・バナ)」の妃にまで
のぼりつめたあと、
失脚して死刑にされます。




『1000日のアン』(1969年の映画)を観ていたので
死刑になってしまうことは知っていたのですが、
今回、この文章を書くためにウィキペディアを読んだところ、
『1000日のアン』では
「アン(ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド)」には悪気はなく、
周囲の人々に翻弄されていただけ、
という描き方のようでした。

(忘れてる←)









で、
「ヘンリー8性」が、
恋愛至上主義すぎる気がしました。




離婚や再婚をしたいために
ローマ・カトリック界と決別して国教を一新したり(!)
法律を変えたり(!)
しています。




ビックリですw(°o°)w











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2433-419c4298
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する