FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『私がクマにキレた理由』を観ました。
2013-07-14 23:50






私がクマにキレた理由 特別編 [レンタル落ち]私がクマにキレた理由 特別編 [レンタル落ち]
(2009/01/01)
不明

商品詳細を見る










2013年5月27日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『私がクマにキレた理由』を、
録画で、先日、観ました。




2007年の合衆国の映画です。




大学を卒業した「アニー(スカーレット・ヨハンソン)」は
銀行の入社面接で
「自分はどんな人物か?」という質問に答えられず逃げ出す。
公園で知り合った上流社会の「ミセスX」にスカウトされ、
5歳の男の子のナニー(子守)の仕事をすることになる。
ひと夏だけのつもりの「アニー」だが、
本当にひと夏だけで辞められるのか?
「アニー」がエリート銀行員になったと思いこんでいる
母親との関係はどうなるのか?





「ミセスX」は本当に人使いが荒くて、
「アニー」を「ナニー」と呼び、
子守以外の仕事もどんどん押しつけます。
ていうか、
そういうものなのでしょうか?
たとえば合衆国では、
秘書には社内の業務だけでなく、
個人的な用事も頼みますよね。
ボスにあたる人物の、
仕事を円滑にすること全体が、
秘書の仕事という認識だから。




「アニー」は大学で文化人類学を学んでいたので、
モノローグが文化人類学の学会発表みたいなのです。

そこが面白かったです。

いろんな物の見方があるんだなー、
と思いました。




スカーレット・ヨハンソンの体型が、
「峰不二子」みたいでした\(^o^)/

カッコイー♪











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2407-364b5187
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する