FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『裏窓』を観ました。
2013-05-27 20:18






裏窓 [Blu-ray]裏窓 [Blu-ray]
(2013/05/10)
ジェームズ・スチュワート、グレース・ケリー 他

商品詳細を見る










2013年4月15日にNHK BSプレミアムで放送された
映画『裏窓』を、
録画で、先日、観ました。




1954年のアメリカ映画です。




監督はヒッチコックです。




『知りすぎていた男』と同様、
ジェームズ・スチュアート主演です。




『知りすぎていた男』では医師の役でしたが、
『裏窓』ではカメラマンの役です。




「カメラマン」は、
もしかして現在では社会的に不適切な用語でしょうか?

でも字幕では普通に使われていたような…

なのに、
公開当時はたぶん「看護婦」だった部分を
「看護師」という表現にしていました。

ちょっと違和感ありました(笑)

「看護婦」を「看護師」にするなら、
「カメラマン」は「フォトグラファー」じゃないの?
って思いました(笑)




カメラマンの「ジェフ(これがまた名字なのか名前なのか不明笑)(ジェームズ・スチュアート)」
は左脚を骨折してギプスでかためており、
アパートにこもっている。
昼は看護師の「ステラ(セルマ・リッター)」
夜は恋人の「リザ(グレース・ケリー)」が「ジェフ」を訪ね、
世話をしてくれる。
「ジェフ」はヒマつぶしに裏窓から向かいのアパートの
窓の中の人々の暮らしを観察しているうちに、
ある中年男がその妻を殺害したのではないかとの疑問を抱く。






言われているように、
グレース・ケリーはとてもきれいです。

ファッションの着こなしもすばらしいです。




しかし、
登場人物としては中年看護師の「ステラ」のほうが、
私には魅力的でした。




「リザ」も「ステラ」も打てば響く知性の持ち主なのですが、
「ステラ」の発言はおもしろいのです。
「私は看護師よりも占い師に向いていた」とか( ´ ▽ ` )

∑('0'*)ハッ!もしかして
ここで韻を踏むために
「看護師」にしたのかな?!(笑)




そして、
『裏窓』のストーリーもじゃっかん難解でしたが、
『知りすぎていた男』よりは、
私にも理解できたと思います(笑)











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2359-d2568a81
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する