FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『序の舞』を観ました。
2013-05-25 22:28






【送料無料】序の舞 [ 名取裕子 ]

【送料無料】序の舞 [ 名取裕子 ]
価格:4,253円(税込、送料込)











2013年4月13日にBS朝日1で放送された
映画『序の舞』を、
録画で、先日、観ました。




1984年の日本映画です。




実在の日本画家・上村松園をモデルとした伝記小説を映画化したもの、
だそうです。




主人公「島村松翠」を、当時27歳の名取裕子さんが演じています。




natural-born artistである「島村津也(のちの松翠)」は
絵に対する並々ならぬ情熱から、
小学校卒業時より「高木松溪(佐藤慶)」に師事し、
数々のコンクールで入賞して画家として名を上げていく。
子どもから娘に成長した「津也」は、
「松溪」によって妊娠させられてしまう。





その後もいろいろあるんですが、
ともかく「松溪」が鬼畜です。

ですが、
彼の人生にもいろいろあるのかも、
と後半を観て、思いました。




名取裕子さんが、
テレビの世界よりは体当たりしてますが、
エロスの部分は必要最小限で、
それよりも
絵に対する「津也」の情熱がnatural-bornでハンパない感じです(・・;)




何かに打ち込むことのできる、
というより、
打ち込まざるを得ないほど好きなものがある、
そのような人ってすばらしい(・ω・)









ちなみに「序の舞」というのは、
上村松園の作品の名称で、
その作品は重要文化財だそうです。














あと、
「津也」の姉「志満(水沢アキ)」の分をわきまえた感じ、
母「勢以(岡田茉莉子)」の、2人の娘への愛情、
祖母「麻(菅井きん)」の対面を重んじる京都人っぷりが、
それぞれすばらしいです。











スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2357-e2fbce27
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する