FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

書籍『そこまで言うか! Talking For 7Hours』を読みました。
2012-08-18 00:00






前から読みたいと思っていて、
Amazonの買い物カゴに入れたのですが、
ふと思いついて台東区図書館のサイトを検索したらあったので、
買うのをやめてしまいました。
Amazonさんごめんなさい<(_ _)>

いま無職だから許して\(^o^)/






勝間和代さん、ホリエモンさん、ひろゆきさんが、
いろんなテーマについて意見を交換していて、
それがテープ起こしされた本です。




若者にとって、
就職と起業、どちらが幸せか、というテーマもありました。


コンビニのアルバイトになっても、
幸せでいることはできる、
と裕福なお三方が考えていることも分かりました。


たしかに。
爆笑問題の田中裕二さんは、
コンビニのアルバイト時代、
幸せだったみたいです。


適応能力が高いんですね。


というか、
どんな仕事にも、
楽しい面と楽しくない面があると思うし、
向き不向きもありますよね。



私は、
コンビニのアルバイトはいろんな種類の仕事をするのでやりがいがありそうだな、と思うのですが、
あと、スーパーのレジ打ちなどもやってみたいのですが、
その収入で暮らしていけるのか?!と思っていました。


この本には、
生活のレベルを落とせないと思いこんでいる人が多い、
とも書かれていました。


そうか。
私の思いこみか。

では、
もし再就職して収入が下がったら、
墓参り(交通費がかかる)の回数を減らしたり、
生命保険を解約したりすればいいのね、
と思いました。

あと、本は買わずに図書館で(笑)




また、
本人の努力とは別の次元で、
本当に就職口は少ないので
(2010年の話ですが、2012年現在も状況は同じだと思います)
働く気があっても仕事に就けない人が存在するとのこと。



私だ。
いまの私だ/(^o^)\

(私は前職を自己都合で辞めたので、再就職困難は想定内ではあるのですが)





そこで、思いました。

私が再就職して収入がガクッと減ったとしても、
それは恥ではないと。




希望が持てる本でした\(^o^)/














スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2078-b649c782
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する