FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

書籍『ファザーファッカー』を読みました。
2012-08-15 00:00



文春文庫ファザーファッカー/内田春菊

文春文庫ファザーファッカー/内田春菊
価格:420円(税込、送料別)





内田春菊さんの子育て漫画『私たちは繁殖している』を好きです。


単行本の新刊が出て、それに気づくと買って読みます。



最近、11巻、9巻、10巻の順で読みました。


たぶん8巻までは発行順に読んでいたと思います。



11巻が現在のところ最新刊のようで、
それを書店で見つけて買ったところから、
9巻と10巻も入手して読みました。




すると、ところどころに
「この件に関しては『ファザーファッカー』に詳述」
と書いてあり、
読みたいと思ってリアル書店で探しましたが、見つかりませんでした。



いろいろあった末、図書館で借りて、
わりと短時間で、先日、読み終わりました。



ウィキペディアによると、
このお話は内田春菊さんの自伝的小説だそうです。



主人公が幼少期から家庭内いじめに遭っていて、
16歳で家出するまでのお話です。




事実だとすれば壮絶にひどい話だし、
創作とすればものすごい想像力だと思います。



たぶん、
実体験が何度も頭の中で再編集されて、
1993年に小説の形で世に出され、
その後も頭の中での再編集は続いていると想像します。




誰の人生にも
楽しいことと楽しくないことが同時進行していると思いますが、
内田春菊さんの「楽しいこと」と「楽しくないこと」の振り幅は巨大だなと思いました。



あと、
春菊さんはすごく頭がいいんだな、
と感じました。



あと、
タイトルが秀逸だと思いました。














スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/2075-d5c71e9f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する