FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

映画『ウィズ』を観ました。
2012-05-31 00:00






映画『ウィズ』を観ました。


TSUTAYA DISCASのレンタルDVDで。


届いたDVDディスクのタイトルを見た時、
なぜこの作品をリストに入れたか忘れていました。


観ました。





この作品は、
児童文学『オズの魔法使い』をブロードウェイでミュージカル化して、
それを映画化したものです。


合衆国では1978年に、
日本では1979年に公開されました。





「ドロシー(ダイアナ・ロス)」は24歳の幼稚園教諭。
おばの家に住んでいる。
転職や独立をすすめられているが、
現状を変える勇気がない。
通りの東側にさえ出たことがない。
ある日、
家から走り出した飼い犬の「トートー」を追って
吹雪の街へ出た「ドロシー」は、
竜巻に巻き込まれ、
別の世界へ飛ばされてしまう。
家に帰してくれる能力を持つとされる
「魔王ウィズ(リチャード・プライヤー)」に会うために
「黄色い舗道」を進む旅に出る。
その途中で、
「知恵のないカカシ(マイケル・ジャクソン)」
「心のないブリキ人間(ニプシー・ラッセル)」
「勇気のないライオン(テッド・ロス)」
らと出会う。







「カカシ」を演じる、
当時20歳のマイケル・ジャクソンを見て、
思いました。

たぶん私は、
マイケル・ジャクソンが2009年に亡くなった時に、
この作品をTSUTAYA DISCASのリストに入れたのではないかと。

その後、休会期間があったので、
ものすごいタイムラグがあって今回観ることになったのではないかと。






マイケル・ジャクソンの下肢は本当に細くて、
木の枝でできたカカシらしい体型です\(^o^)/

ダンスも、
本当にカカシが踊っているみたいに、
時おりズッと重力にひっぱられます。

踊っている時、体重がないみたいに見えるのが、
千葉涼平さんと共通しています\(^o^)/

演技力もすごいです。

カカシの純真無垢さをすごく感じます。


とくに私が好きなのは、
「西の悪い魔女(メイベル・キング)」の工場で、
「カカシ」を皆が助けようとしている時の、
「カカシ」の表情です。






また、ダイアナ・ロス(当時34歳)のウエストの細さにも感動します。







ちなみに、
子どものころ、
児童文学の『オズの魔法使い』を読みましたが、
そのころ、
竜巻というのは、
合衆国にあって日本にないもの、という印象でした。
そして、楽しそうだと思っていました。

現在、
竜巻は日本でも起こるもの、
という認識に変わったし、
楽しいなんてとんでもない災害、
という認識に変わりました。
















スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1999-9a8c1f32
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する