FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『仮面ライダー555』最終話まで観ました*ネタバレ
2012-04-10 00:00






『仮面ライダー555』テレビシリーズの最終話まで観ました。


特撮の分かりやすいイメージとしては、
正義のヒーローが所属する組織があって、
悪の組織と対決するものですが、

「乾巧 / 仮面ライダーファイズ(半田健人)」
は最後まで一匹狼でしたね。

なぜ変身できたのか、
の謎は解けましたが、
それにしても彼は無所属だと思いました^^


「悪の組織」側もひとすじなわではいかず、
当初、視聴者が「悪の組織」だと思っていた「スマートブレイン社」も、
社長、元社長、新社長ともに、
本人の中では私利私欲ではない大義名分があったので、
それに感情移入する視聴者も出たことと推察します。



「スマートブレイン社」の下部組織と思われた「ラッキークローバー」のほうが
より「悪の組織」っぽいですが(笑)、
「ラッキークローバー」の一員だった「琢磨逸郎 / センチピードオルフェノク(山崎潤)」は
たいへん人間的でした( ´ ▽ ` )




「草加雅人 / 仮面ライダーカイザ(村上幸平)」は
正義側でありながら悪役っぽく、
しかし最終的にはけなげでしたし、

「木場勇治 / ホースオルフェノク(泉政行)」は
不本意な悪の中で善を求めてずっともがいて居たかと思うと終盤でわかりやすい悪側に転じ、
しかし最終的にはやはりけなげでした(´・ω・`)



正義の中にも悪の要素が、
悪の中にも正義の要素がある、
単純でない、リアリティを感じるドラマでした。




そして、
ラストシーンで、
あきらかに主人公が生き残っていたのが気に入りました。
余命わずかなのかもしれないけど元気そうだったし。





あと、DVDの特典の、
半田健人さんと芳賀優里亜さんと溝呂木賢さんのトーク\(^o^)/


DVDのもっと早い段階で、
こういった、役者さんの素を見せる企画があることを期待していた私は、
サプライズプレゼントと感じました(もうないかと思ってた)\(^o^)/


芳賀優里亜さんが、テレビシリーズの撮影が終わった段階でも16歳だったという…

わ、若い/(^o^)\

劇中では、20歳くらいの設定だと思って観てました^^

トークを見て、すごくしっかりした人なんだな、と思いました。

しかし、2012年現在でも24歳ですよw(°o°)w若いわ~













スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1948-249387f7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する