FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『海辺のカフカ』下巻を読みました*ネタバレはそれほどでも
2007-06-08 00:00



6月3日に上巻の感想を書いたのに、
なんと、6月7日に下巻を読み終わってしまいました。

後半になるにつれて、おもしろさが増してしまいまして。

村上春樹さんはストーリーテラーですね。
しかも、荒唐無稽でありながらリアリティを感じさせる文章は、
マルケスの『百年の孤独』を思い出させます。

しかも、正確な表現力。
ノーベル賞に近いと言われるのも納得です。

相互に関連している二つの物語が同時進行して行きます。
ひとつの物語の主人公である「僕」と、
もうひとつの物語の主人公である「ナカタさん」が、
四国でかなり近づいて、出会うのか出会わないのか、ちょっとドキドキしました。

ナカタさんが子供のころに、ある事件があって、字が読めなくなってしまいますが、
それが何故なのか、
1回読んだだけの現段階では、私は理解できていません。

もう1回読んだら分かるのかなぁ…。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/178-c297733c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する