FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『TOKYOBOY』の「地震対策の手引き」を観ました*ネタバレ
2011-05-26 00:00


 ←画像はイメージです。



2011年5月21日に放送(再放送)された『TOKYOBOY』を、録画で、先日、観ました。

テーマは「都民に伝えたいこと・地震対策の手引き」です。

この番組はTOKYO MXの番組なので、
都民に的を絞った内容になっています。

前に、『5時に夢中!』を観ていて、
震災報道がNHKと違うな、と感じました。

悪い意味ではなく。

MXでは、3月11日の地震が起こった瞬間の映像も、
都内のオフィスの映像だったりしました。

時間が経ってから見ると、けっこう揺れててビックリなんですが。

NHKは全国放送なので、もっとも被害が激しかった東北の様子を中心に伝えますよね。


さて『TOKYOBOY』ですが。

地震対策をいくつかのシーンに分けて解説していました。

繁華街、沿岸・河川付近、住宅、オフィス、など。

シーン別の対策が必要、とのことでした。
納得です。

印象に残った内容を書きますと。

繁華街を歩いている時に大地震が起きたら、
ビルから降ってくるガラスを避けるために、
ビルの入口にちょっと入るといいそうです。
もしくはカバンで頭をカバーです。

沿岸・河川のところでは、
東京に津波が来ないというのは間違った認識だ、とのことでした(≧ω≦)
もーどっちなの。
来ると思ってたほうが対策できそうですね。

住宅では、物が倒れてきてケガするのを防ぐために、
いらないものを極力処分したほうがよさそうです。
あと、ベッドサイドにスリッパは用意していた私ですが、
軍手もあるといいそうです。
割れたものを直接さわるとケガしますから。

オフィスにおいては。
コピー機などは重いですが、
直下型地震では宙に浮いて飛んでくるので、
大地震が起きたら、コピー機のそばからは速やかに離れたほうが良いそうです。
もちろん、固定されていないファイルキャビネットや本棚も危険です/(^o^)\ヒエー


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1628-ba0c27ce
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する