FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

大河ドラマ『龍馬伝』最終回を観ました*少しネタバレ
2010-12-05 00:00

 2010年11月11日のブログの続きです。
2010年11月28日に放送された大河ドラマ『龍馬伝』最終回「龍の魂」を、録画で、観ました。

大政奉還が成っても、長州藩・薩摩藩は徳川家を滅ぼすことをあきらめきれない。
また京の民衆は物価高騰で落ち着かない。
「龍馬(福山雅治)」は、早く新政府を樹立しようと、各藩の重役へ働きかけていた。
土佐出身でありながら長州の重役のもとで働く「中岡慎太郎(上川隆也)」は、
新政府についての「龍馬」の考えを確かめるため京へのぼる。
「龍馬」と「中岡」は「近江屋」で再会、新政府について語り合っていると突然、
何者かに襲われる。


新政府はどうなるのか、とても気になりますが、
「龍馬」の死でドラマは唐突に終了せざるを得ず、ハッキリとは分かりません。

史実とはだいぶ違うようですが、「龍馬」暗殺を「岩崎弥太郎(香川照之)」が察知して、
暗殺直後にころがりまわって嘆いていました。
そして明治18年の「弥太郎」の死が描かれ、それが印象的なラストシーンとなりました。

「龍馬」が仕事をする「近江屋」の部屋の隅に白い子猫がいて、超かわいかったです(・∀・)


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1455-d3b5a167
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する