FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

海外ドラマ『ER緊急救命室』第15シーズン第7回「医者よ 自らを癒せ」を観ました*少しネタバレ
2010-11-26 00:00


2010年11月18日♪にNHK BS2Dで放送された海外ドラマ
『ER緊急救命室』第15シーズン第7回「医者よ 自らを癒せ」を、録画で、観ました。

2008年現在(第15シーズン)はカウンティ病院のER部長を務めている
「キャサリン・バンフィールド医師(アンジェラ・バセット)」。
重症の患者(幼児)を治療しながら、6年前のことを思い出さずにいられない。
6年前、別の病院に勤務していた「バンフィールド」だが、
5歳の息子がけいれんを起こした後に吐血し、カウンティ病院のERに運ばれる。
その時の担当医が「マーク・グリーン(アンソニー・エドワーズ)」だった…。


2008年にはこの世にいない「グリーン先生」と「ロマノ先生(ポール・マクレーン )」が見られます。
退職した「ウィーバー(ローラ・イネス)」と「ジェリー(アブラハム・ベンルービ)」もチラっと出演。
そして治療をアシストするのは看護師の「ヘレエ(イベット・フリーマン)」です。普通。

抗がん剤治療を受けながら仕事を続けている「グリーン先生」。
それに気づいている「バンフィールド」が別れ際に「グリーン」に「お大事に」と言います。
何か感動しました。

「ヘレエ」って、シーズン1の第1回から出てるよな~、と思いました+.(*´∀`).。o○( )


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1446-9c1f839b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する