FC2ブログ

ヒトカラマニア

…ですが、今は体のメンテナンスの優先順位が高くなってしまい、あまりヒトカラに行けてません/(^o^)\

『第61回NHK紅白歌合戦』出場歌手決定の感想
2010-11-24 00:00


2010年12月31日の『第61回NHK紅白歌合戦』は、昨年までよりも30分短くなるそうです。
それに伴い、出場歌手も6組減りました。

紅白歌合戦では(レコード大賞も)売上があっても出られない歌手もいれば、
売上がなくてもオファーされる歌手もいます。

いっぽう、ゴールドディスク大賞は、完全に売上での評価です。

AKB48プロデューサーの秋元康さんがテレビでおっしゃっていました。
約48人全員をCDジャケットに載せることはできないので自分で選抜していたが、
ファンから「不公平だ」と言われて「総選挙」をやった、
すると、「今までマスコミに露出していたメンバーが有利でやはり不公平だ」という意見が出て、
今度は「じゃんけん」という方法をとったと。そのようなドラスティックさをおもしろく感じています。
そのAKB48にオファーした紅白製作側の感覚には共感できます。

紅白をゴールドディスク大賞化する必要はないし、
出場のオファーがないことが、即、歌手としての名誉をそこなうことでもないと思います。

基準は、視聴者には完全には把握できない、「製作側の意図」なのです。
ひとつの音楽番組として、紅白歌合戦を毎年楽しみにしている、いち視聴者の私は、
今年の紅白はどんな出会いを私にくれるのか、12月31日を楽しみに待ちたいと思います。
たとえ私が現時点でもっともひいきにしている歌手が出場しなくても。
エラソーですみません<(_ _)>


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://hitokaramania.blog.fc2.com/tb.php/1444-09042ad2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する